第98回 『BM視察会を終えて』

 

 

 

 

 

 

・ 今回も始まりました第98回未来塾。口頭の挨拶では足立会長より、「前月のBM視察会を終えて、ますますしなければならないことが増えていくだろう…今後も視察会をして頂けるような現場つくりを。」という一言から始まりました。視察会では現場に対しての良い評価や、協力会という形に多くの方が感動されていました。このことでBMをきっかけに一人一人の意識の強化も図り、今後から身を引き締めていきましょう。

・さて、初めに営業報告。今回は、4月16日に引き渡しを終えた綾部のO様邸。引渡し式の際には施主様より「たくさんの業者さんが関わって出来た家なんだと感じた」「丁寧な対応だった。大切に住んでいきます」と。こうして思う事は、着工式が最初の接点とし、最後に引渡し式。共有化することも大切だけれども、もっと多くの方が関わり、もっと共有化を図りたいと感じた式だった。

・次に工務報告として、まず始めに今日の一斉清掃で感じたことが、“チーム感”。みんなでやっているということを感じられた時間だったと堀。月1回の一斉清掃という時間の中で、時間の共有化をし、より言い合える関係になりたいと感じたそうだ。

・次の報告の安全パトロールでは、皆が感じたこととして、行き届いたトイレの清掃・掲示版の管理がどの現場も徹底されており、好評化となっていた。しかし、反省点として掲げられることは、吹抜けの養生の隙間やメッシュシートのはがれ、グレーチングがなかった等、小さな欠点が目立つということ。しかし、ボードの施工中にも関わらず、床がとても綺麗だった事、資材の管理がきちんと行われていたことはとても魅力的だと感じた。

・さて今回、安全面の徹底としてBMからAEDを各現場に設置することになり、今回その講習を行いました。AEDの操作を模擬体で実際の手順を把握し、今後活かせるようにというものが目的である。後のアンケートでもこのことはとてもプラス評価とされ、忘れないためにも適宜実践を行うことも大切なのではないだろうか。

・次に、社長から今回のM様邸で起こった労災の件について、「業種的にも労災は多い。原因はどうであれどの会社でも労災は起こっている。未来塾でも一回話した事のある事が、こうして再び起こっている事について、初心に戻ることを心掛けていく。また新しい基準にも対応できるようしていこう」との事だった。幸いにもケガはたいしたことはなかったが、後数ミリずれていれば大事になっていました。それぞれが気持ちを引き締めて仕事にかからなければならないと再確認しました。

・今回のBMを素直に学び、真似る、そして最良を超える事こそ安全第一・現場キレイをする意義であり、他社がほしい情報なのではと感じる。評価として、言い訳をしないこと、言葉は相手から見れば言い訳として捉え、そのような事のないよう自覚をもっていきたい。また、お客様が喜んでくれているのは業者、社員の心が一つになっているからと言えるだろう。

・最後に桑原大工から、萌黄に行った際の事だ。「HO様のH様に出会い、少しお話した。笑顔に溢れている表情を見ると、やりがいを感じる。今後も心から“笑顔”を大切に志事をしていこうと思う」と。引き渡しが必ず最後ではないこと、また、そこで笑顔になれる空間が私達の志事であると心の中に落としてやっていきたい

 

 
HORI建築のリフォーム
HORI建築のスタッフブログ
現場LIVE
TOPの言葉
イベント報告
お客様の声
還元香気浴
不動産土地情報
住宅補助金情報
メディア情報

▼ その他メニュー

  • HORI建築のリフォーム
  • スタッフブログ現場LIVE
  • TOPの言葉
  • イベント報告
  • お客様の声
  • 還元香気浴住宅補助金情報
  • 不動産土地情報メディア情報
  • HORI建築facebook
  • 堀社長facebook
  • イロトリドリfacebook
  • イロトリドリ

CONTACT

お気軽に
お問い合わせください。

  • HORI建築本社
    京都府福知山市字土1117-122

  • ミュージアムハウスHORI
    京都府福知山市桔梗が丘3-11

  • イロトリドリ
    京都府福知山市駅前町387 天狗堂BLD 1F

  • 0120-27-2075
  • 木の家専門店,株式会社HORI建築
Copyright (C) 2008-2016 Hori Kenchiku co.ltd. All Rights Reserved.