第16回安全大会・第100回 『安全・現場きれいから受注へ』

第100回未来塾の開催

今月で未来塾も100回を迎えました。8年3ヶ月を重ね、振り返ってみると、光る現場作りも今回の100回を目途に形になったのでは…と多くの方が口にされていました。
冒頭の社長からの挨拶では、「未来塾は100回、安全大会は16回目。熱中対策はもちろん、今回のテーマでもある“安全”についてもう一度気を引き締めて行こう」とのこと。安全教育として事故はどうして起こるのか、未然に防ぐためにはどうすれば良いのか。今回の安全大会の内容です。

京都府の労働災害の現状

まず、京都府の労働災害の現状として、建設業に関わる方の労働災害発生状況は、過去57年で、昭和55年で2450人をピークに減少し、平成26年には423人。またさらに詳しく要因を調べてみると、死亡事故は平成25年内に4名。原因としては転倒…多くは50代~が多くを占めています。このように私達は危険と隣合わせであるということ。ヒヤリハットだけでは済まされない事が起こりうるということに、もう一度気持ちを入れ替える必要があるようです。

安全啓発ビデオ

また、安全啓発ビデオでは、建て方中に起こった事故を取り上げたDVDを放映しました。この内容はたまたま通りかかった通行人、助けようとした大工さんが被害に会われたという内容です。様々な要因が重なり事故が起きた事であっても、こうしたケースは私達の中ではないとは限りません。安全に作業するためにまずすべき事や、作業が始まってからしなければいけないこと、一人一人の安全意識を高めないことには事故は起こってしまうという事を学びました。これを見て、たくさんの方のアンケートの中に「怖い」「一層注意しなければ」という声が多く挙がりました。

第100回を記念して会社側から表彰と、細見造園さんから植樹のセレモニー

さらに今回の安全大会・未来塾では、第100回を記念して会社側から表彰と、細見造園さんから植樹のセレモニーが行われました。今回植樹に選ばれた植栽は「フジザクラ」です。小ぶりな形をしているけれども富士山の-20℃の過酷な環境の中でも耐え抜き、まさに私達の地域に密着した家づくりに似ているという事で今回選んだそうです。現在ミュージアムハウスの敷地内に移動し、一緒に見守ってくれていることでしょう。

最後に、毎回欠かさず来て頂いている職人さんを始め、良い意見を出してもらい、こうして改善を重ね100回まで来たと感じます。これからも回数を重ねるごとにより良い形が作られていくと思いますのでHORI建築・未来塾をよろしくお願い致します。

HORI建築のリフォーム
HORI建築のスタッフブログ
現場LIVE
TOPの言葉
イベント報告
お客様の声
還元香気浴
不動産土地情報
住宅補助金情報
メディア情報

▼ その他メニュー

  • HORI建築のリフォーム
  • スタッフブログ現場LIVE
  • TOPの言葉
  • イベント報告
  • お客様の声
  • 還元香気浴住宅補助金情報
  • 不動産土地情報メディア情報
  • HORI建築facebook
  • 堀社長facebook
  • イロトリドリfacebook
  • イロトリドリ

CONTACT

お気軽に
お問い合わせください。

  • HORI建築本社
    京都府福知山市字土1117-122

  • ミュージアムハウスHORI
    京都府福知山市桔梗が丘3-11

  • イロトリドリ
    京都府福知山市駅前町387 天狗堂BLD 1F

  • 0120-27-2075
  • 木の家専門店,株式会社HORI建築
Copyright (C) 2008-2016 Hori Kenchiku co.ltd. All Rights Reserved.