第102回 『現場きれい連覇にむけて』

第102回未来塾の開催

今未来塾が102回目を迎えた今回は、川西市から「㈱坂井建築事務所」様4名が、未来塾の様子を学びに来られました。その中、足立会長の挨拶から始まりました。

営業からの報告

今回の報告のお家は猪崎のS様邸。お施主様が住まいに対する思いを語られた動画を見て頂きました。お家は、大工の技術・工務店の知恵・お施主様と三位一体となり創りあげていきます。施主様からは「事故も無く無事に完成したことが大変うれしい」と言って頂き、またお施主様のお母様からは「現場の方の仕事を見せてもらい一生懸命に作っていただいて大変嬉しい。一人一人工事に携わっていただいた方にもお礼を申し上げたい」という言葉を頂き、大変心に響くものがありました。これから引き渡して行く現場もこうして喜んで頂けるよう社員と職人が一丸となって“お客様の“幸福の城づくり”を目指していきましょう!!

工務の安全パトロール報告

今回は、桔梗が丘・篠山・舞鶴・宮津の4現場を巡回しました。どの現場もスタンダードにのっとり、素足で歩けるほどきれいな現場であり、ごみの分別もしっかりとされていて、現場きれいが実行されており、大工さんを中心とした職人さんたちの意識の高さが伺えました。現場キレイコンテストの連覇に向けてきれいなだけじゃなく魅せる現場になるように、更に改善を一緒にして行きましょう!

現場で発生した事故について

今回はテーマ報告の前に現場で発生した事故について話がありました。今回の事故は足場の作業床に隙間があったために足を踏み外し、骨折となりました。足場のルールを厳守するとともに、常に改善される法改正にも対応し、必要な資格を習得し一人一人が安全第一という意識をもっともっと強く持つ必要がある事を考えさせられました。足場についてフクムラ仮設㈱の和久さんより、足場施工管理について説明をしていただきました。

足立会長より

今この前工藤建設㈱様のベンチマークに行って学んだ件も含め、『現場きれい連覇に向けて』というテーマで話をして頂き、その後グループ討論を行いました。グループ討論の発表では心を込めた家づくり、社員・職人が一丸となって現場きれいを目指そうという意見が多くありました。

社長のまとめ

今回の事故について大工さんの身をもって足場の作り方などを教えてもらいました。足元を安全にするということは、現場がキレイであること。ケガをしない安全な足場づくりを考えなければならない。また、現場キレイ連覇については、「今年もコンテストに出るぞ!現場スタンダードは当たり前。ダントツの1番をとりにいくぞ!!」と熱く語られました。お客様に良い評価をして頂き、その後仕事を頂くために、社員と職人が一丸となって精進していきましょう。

社長が言われていたように、周りの方に感謝をし自分の仕事に達成感を持ちながらしていると、その心意気が周りに伝わり、宣伝効果につながっていく。その良い循環が広がって行くように、心のこもった現場作りをしていきましょう。

HORI建築のリフォーム
HORI建築のスタッフブログ
現場LIVE
TOPの言葉
イベント報告
お客様の声
還元香気浴
不動産土地情報
住宅補助金情報
メディア情報

▼ その他メニュー

  • HORI建築のリフォーム
  • スタッフブログ現場LIVE
  • TOPの言葉
  • イベント報告
  • お客様の声
  • 還元香気浴住宅補助金情報
  • 不動産土地情報メディア情報
  • HORI建築facebook
  • 堀社長facebook
  • イロトリドリfacebook
  • イロトリドリ

CONTACT

お気軽に
お問い合わせください。

  • HORI建築本社
    京都府福知山市字土1117-122

  • ミュージアムハウスHORI
    京都府福知山市桔梗が丘3-11

  • イロトリドリ
    京都府福知山市駅前町387 天狗堂BLD 1F

  • 0120-27-2075
  • 木の家専門店,株式会社HORI建築
Copyright (C) 2008-2016 Hori Kenchiku co.ltd. All Rights Reserved.