自然素材

自然素材には、優れた特性が数多くあります。見た目が良いからというだけで使用するのではなく、本当の良さを知って頂き、自然素材の特性を最大限に生かした住宅づくりを行う事が大切です。

調湿効果

人が健康に暮らすためには室内の湿度は重要です。湿度環境で体調が大きく左右されるといっても過言ではありません。快適湿度とは40%~60%と言われています。
日本の冬は湿度が低く40%を下回る事があります。そうすると肌乾燥、ドライアイ、インフルエンザウイルスの活性化が起こってきます。その反対で夏場は、湿度が高く60%を超える事が多くなります。そのため室内にカビの発生やダニなどの繁殖が起こりやすくなります。体感的にも湿度が低いと寒く感じたり、湿度が高いと不快感が増します。
HORI建築では、調湿効果を持つ木材や漆喰、珪藻土を使用しています。この材料の湿度40%から60%を保とうとする性質を利用し、自然の調湿効果で室内環境を良くしています。

調湿効果

空気環境

普段何気なく生活をしている中で自然と吸っている空気。この空気、なんとお茶碗100杯分もの量が体に取り込まれています。食事に気を使うように空気にも気をつかわないといけません。
建築基準法では、建材や材料にF☆☆☆☆(フォースター)というホルムアルデヒドの発散量が少ない事を示す表示を設ける等、有害物質の内13種類に規制をかけておりますが、その13種類以外には規制がかかっていないので、それ以外の有害物質がどれだけ発散しているかはわかりません。
そこでHORI建築では人工的な有害物質が含まれていない自然素材を使用し、有害物質の発散を抑えます。
また、有害物質の室内濃度にも規制がかかっており、代表的なホルムアルデヒドでは室内濃度で0.08ppm以下となっております。しかし、戸建てでの測定義務はなく多くの場合は実際の数値は不明です。HORI建築では完成時に空気環境を測定し、その安全性を証明しています。

空気環境

癒やし効果

自然素材の大きな特徴は癒しの力だと考えています。木のもたらす癒しの力としては、木材に含まれるフィトンチッドという成分が癒し効果をもたらし血圧低下や脈拍の乱れを減少します。そして森林浴効果でストレスホルモンの減少も起こりストレス軽減にも役立つことが分かっています。
床材に使用すると保温効果もあり冬場の床が冷たくならず人の体感温度も上がると言われています。梅雨時期から夏場にかけての床のべたつき感も無くサラッとした体感で快適に過ごすことが出来ます。そして、壁等に使用する漆喰や珪藻土も快適な湿度環境をもたらし不快感の軽減と消臭効果による嫌な臭いを無くしてくれる効果もあります。壁材が多孔質になる事により音の反響も軽減されるので暮らしやすい環境も生み出してくれます。

癒やし効果
HORI建築のリフォーム
HORI建築のスタッフブログ
現場LIVE
TOPの言葉
イベント報告
お客様の声
還元香気浴
不動産土地情報
住宅補助金情報
メディア情報

▼ その他メニュー

  • HORI建築のリフォーム
  • スタッフブログ現場LIVE
  • TOPの言葉
  • イベント報告
  • お客様の声
  • 還元香気浴住宅補助金情報
  • 不動産土地情報メディア情報
  • HORI建築facebook
  • 堀社長facebook
  • イロトリドリfacebook
  • イロトリドリ

CONTACT

お気軽に
お問い合わせください。

  • HORI建築本社
    京都府福知山市字土1117-122

  • ミュージアムハウスHORI
    京都府福知山市桔梗が丘3-11

  • イロトリドリ
    京都府福知山市駅前町387 天狗堂BLD 1F

  • 0120-27-2075
  • 木の家専門店,株式会社HORI建築
Copyright (C) 2008-2016 Hori Kenchiku co.ltd. All Rights Reserved.