スタッフ紹介

営業部・CSマネージャー

中山 茂樹(ナカヤマ シゲキ)

―はじめに。自己紹介をお願いします。趣味や休日の過ごし方なども教えてください。

34年間中学校で理科の教師をしていました。定年まであと少しあったのですが、HORI建築で家を建てたことをきっかけに、この世界に入りたいと転職を決意しました。ものづくりが大好きで、リビングでは自作スピーカーが良い音出してます。趣味と実益を兼ねて写真を撮ってきましたが、新しい職場でも撮らせてもらっています。以前は休日ごとに出かけていましたが今は家で過ごすことが多くなりました。

―子どもの頃の夢は何でしたか?

ポルシェターボ(930)に乗る。

―お仕事内容について教えてください。

基本的には営業ですが、色々な事に関わらせていただいています。

―仕事への熱い想いやこだわり、仕事の好きなところは何ですか?

家を建てるということは「住む場所を作る」ということを超えて、「夢や希望、家族の絆、子育て、健康、やすらぎ、休息、自分らしく生きる、心を開放する、人が集い心を触れ合わせる場所ができる 祖先を供養する・・・」など様々な意味を持つように思います。そのような家つくりのお手伝いができることにやりがいをもって頑張りたいと思います。

―これまで携わられてきた仕事で、印象に残っているエピソードはありますか?

HORI建築の家づくりや現場から学びたいと、先日他府県の6つの工務店(遠くは山口)から40名近い方が視察に来られ、特に「現場きれい」に感心していただけたこと。

―HORI建築のいいところを教えてください。

実際に家を建ててもらって納得の施工だったからこそ、その一員となって働きたいと思ったわけです。いいところはたくさんありますが、最初基礎の鉄筋を見たときにビルでも建つのかと思いました。耐震等級3を標準でクリアするということは、見えなくなる部分にもこれだけの施工をするのだと理解しました。専門スタッフが何重にも施工管理を行い、誤差を極限まで削り取り、見えない部分も決して手抜きせず、お客様の幸せを第一の家つくりをしていることが、中に入ってみて更によくわかりました。

―最後に。お客様へ向けてのメッセージをお願いします。

仕事はまだまだ半人前ですが、HORI建築のつくる家の魅力は誰にも負けないくらいお話できます。どうぞお気軽にお尋ねください。お待ちしています。

戻る

  • お問い合わせ・資料請求
  • モデルハウス