研修旅行 番外編

更新日:2018年10月27日

先日の研修旅行の途中立ち寄った福良港のそばより。

福良港津波防災ステーション」設計 遠藤秀平

兵庫県の淡路島の南端にある、津波対策のための施設。渦潮の動的なイメージをデザイン。愛称は「うずまる」。
津波発生時の避難場所、水門の制御、緊急放送の発信の機能があります。津波を流すためピロティになっています。外壁は錆びにくい耐候性鋼板(コルテン鋼)。また、津波に関する知識を学ぶこともできます。
2011年度日本建築家協会賞受賞。

その向かいにある「淡路人形座」同じく 設計 遠藤秀平

建物は、古来日本の伝統文化である人形浄瑠璃の公演場所として、「和」の雰囲気を醸し出す。スギ・ヒノキを使用した内装木質化や伝統産業の瓦を使った舞台や客席は、見る人の心を温かいものにし、併せて木材の良さを再認識していただけるよう工夫されている。 なお、客席の椅子は固定椅子でヒノキ及びスギ材を使用し、椅子の背もたれ部分には、県内産のモウソウ竹を活用している
屋上は津波時などに1000人収容できる避難所としても使用できる。

以上、番外編でした。

設計 福山

HORI建築ホームページ
https://www.hori-aa.co.jp/

あなた色の暮らしと心に彩りを。ライフスタイルサロン『イロトリドリ』を覗いてみませんか。

http://irotoridori.jp/course_event/

新築、注文住宅、リフォームするなら、耐震、省エネ、安心、健康を考え、自然素材を扱うHORI建築へ。

HORI建築は福知山市、綾部市、舞鶴市、宮津市、与謝野町、京丹後市等の京都府北部で豊かな暮らしの住まいをつくる木の家専門の工務店です。

  • お問い合わせ・資料請求
  • モデルハウス