fbpx

僕がHORI建築で建てた訳 ③「品質管理の徹底」

更新日:2019年3月3日

今日は3月3日、「桃の節句」ですね。春の足音が近づいてきました。

さて今回はHORI建築で建てた訳③を書かせてもらいます。それはHORI建築社内に品質管理部門があり、家の着工から完成まで、多くの項目について厳しく社内チェックをしながら施工していくというシステムがあったからです。

入社してから知ったのですが、18種類の検査内容に対して全98項目の検査を行っています。1つ1つの項目に対して何十もの検査場所が存在しますから、全体の作業量はものすごい量になると容易に想像できます。施工する職人とは別の人間が専門的に検査してくれる安心感はとても大きいと感じました。これが理由③です。

赤いスプレーは全てのネジがちゃんと締まっていると確認した印です。全ての金具がチェックされます。また柱が垂直に建っているかが、柱に記入されています。±0は傾きがない素晴らしい値ですね。

家の引渡しのときに、こんなに分厚い品質管理のファイルを写真データと一緒に戴きました。これこそが誠実に家が造られた証明だと感じました。作業が進むごとに来る日も来る日も地道に検査を続け、記録に残したもののまとめだったのです。驚きました。他社のことは分かりませんがこんなに手間がかかることを「お客様の幸福の城づくり」のために継続していることは素晴らしいことだと思いました。中身も少し見てください。

このように全検査が写真で記録されていました。

そして今年度、HORI建築の品質管理部門の吉田さん、片岡さんがその功績を認められ、一般社団法人現場きれい推進協議会が開催する「魅せる現場コンテスト」において「優秀チーム賞」を受賞しました。また研修会である未来塾、そして黒田棟梁もそれぞれ受賞しました。その披露を未来塾でしているときの写真です。

また品質管理号も増車され2台になりました。

今回は「品質管理の徹底」について書かせてもらいました。

皆さんあまりご存知なかったことだと思います。HORI建築は会社としては大きくはありませんが、大きな住宅メーカーでもできてないことに徹底して取り組んでいることを知っていただきたくて紹介させていただきました。

中山茂樹

HORI建築ホームページ
https://www.hori-aa.co.jp/

あなた色の暮らしと心に彩りを。ライフスタイルサロン『イロトリドリ』を覗いてみませんか。

http://irotoridori.jp/course_event/

新築、注文住宅、リフォームするなら、耐震、省エネ、安心、健康を考え、自然素材を扱うHORI建築へ。

HORI建築は福知山市、綾部市、舞鶴市、宮津市、与謝野町、京丹後市等の京都府北部で豊かな暮らしの住まいをつくる木の家専門の工務店です。

  • お問い合わせ・資料請求
  • モデルハウス