fbpx

生かされる家(すまい)HORI建築

更新日:2019年3月17日

ミュージアムハウスHORIの駐車場に春がきた。

ちょっと長文になりました。面白いかしょうもないかは読んでのお楽しみです!!

駐車場にサクランボの花が咲いていました。
あ~春だな・・・と思いながら、
横の大木の桜も、もうすぐ咲くな~??

この桜を見て、よくよく思い出すと、このサクランボの木は
昨年綾部で離れを新築をさせていただいたときに丁度お家の真ん中になるということで、伐採という予定でした。
でも、いろいろとお話を聞いていると
伐採するのは可哀そうだ・・・
という思いになってしまい、ミュージアムに移植しました。
実は、この大きな桜の木も10年前に、
リフォームで増築するときに
部屋のど真ん中に、可愛らしく植わっていたさくらなのです。
まだ、スコップで掘って、数名で運び出せたくらいの大きさでした。
この桜も、今となっては、大木になり、毎年、きれいな花を咲かせてくれて桔梗が丘イチの桜におなったのではないかと思います。
何より嬉しいのは、お施主様が桜の咲くころにはお弁当持ちで毎年お越しになられることです。

実はその左横の蘇鉄も、お客様宅の玄関増設で邪魔になることとで、ここにやってきたのです。。

おまけに、このパセリまで・・・


全部、お客様宅から引越ししてきた木たちです。

そして、ミュージアムに入ると、玄関には
立派なお雛様が、


実は、このお雛様も、20数年間飾られることなく、今回の新築で引越しをされるのを機に“処分する”とのなっていたようですこ。
これもまた、可哀そう!!
これは条件付きで預かることにしました。
飾るとき、片付けるとき、客様がお来社いただいてお手伝いをいただくことを条件に、HORI建築で毎年飾らせてもらいます。という契約です。。
これは、お客様もHORI建築もお雛様も喜んでくれ、三方良しとなりました。

なんと、まだありました。
二階にアップライトのピアノです。
これは、奥様が子供の頃から使われていたピアノで、とても愛着があるとのことでした。
社長相談が???
娘に、新しいピアノを購入するということで、下取りに出すのは、
ウ~ン、ちょっとと???ということです。
「よかったら、ミュージアムに置かれますか?」


そのなことで、HORI建築には、お客様から継承したものが沢山あります。
こうしてみると、それぞれが、活き活きと自分らしさを出してくれ多くの人を楽しませてくれています。
社長は人がいいから、また・・・と言われますが、結果OKですね。。
「生かされる家」HORI建築ならではのことではないでしょうか?

HORI建築ホームページ
https://www.hori-aa.co.jp/

暮らしに癒しと彩りを。お庭とグリーンの専門館「VILLAGEイロトリドリ」

https://irotoridori.space/

新築、注文住宅、リフォームするなら、耐震、省エネ、安心、健康を考え、自然素材を扱うHORI建築へ。

HORI建築は福知山市、綾部市、舞鶴市、宮津市、与謝野町、京丹後市等の京都府北部で豊かな暮らしの住まいをつくる木の家専門の工務店です。

  • お問い合わせ・資料請求
  • モデルハウス