Chromebook

更新日:2021年10月23日

こんにちは。 福知山市の工務店HORI建築スタッフのヤマグチです。

皆さんパソコンといえばWindowsかMAC、タブレットならiPadかAndroidのイメージがほとんどかと思います。

しかし、最近はChromeOSのChromebookと言うのがシェアを伸ばしているのをご存知ですか?

小中学校のGIGAスクール構想で配布されている端末は、iPadとWindowsが各約30%に対して、Chromebook約が40%を締めており、企業でもシェアが伸びて来ているそうです。

私は仕事柄外出が多いので、以前は外出時はiPadとWindowsのノートPCをサブ機として持ち歩き、メインはiPad、iPadでできない事をノートPCで、とやってましたが、最近Chromebookのタブレットにもノートにもなる2in1型に乗り換え、外出中の業務はこの1台でまかなっています。

今回はこのChromebookをご紹介します。

Chromebookは名前の通り、Chromeブラウザを軸にしてあるOSのPCで、WindowsやMACのブラウザと全く同じフルブラウザが使用できます。

タブレットやスマホでもChromeブラウザはありますがこれらは別物で、いくらPC表示にしても機能も表示も制限されています。

そして、開発元がGoogleなのでAndroidアプリと互換性があり、全てではありませんがAndroidアプリをインストールし使用する事ができます。

又、ブラウザ以外の不要な機能は削ぎ落としてあるので動きが軽く、低スペックの端末でも十分に動作する事ができます。

これが重要で、同じ作業速度であれば低スペックでも十分と言うことは、安い端末代で同じ作業効率が得られ、かつ、低スペックなので消費電力が少なくバッテリーが長持ちになります。

個人的なイメージと体感だと、同じ事をするPCでもWindowsに比べて半分以下の価格で入手でき、バッテリーも2倍程もつ感じです。

ただしデメリットももちろんあり、ソフトのインストールは基本できないので、フルブラウザだけでは動かない専用ソフトが必要な特殊な作業はできません。

又、オフィス系もGoogleの物が使用できますし、Microsoftの物もWEB版やアプリ版が使用できますが、ソフト版と若干表示が変わる事があるので、帳票等を利用する場合は注意が必要になります。

このようにデメリットもいくつかありますが、私はフルブラウザが使える。価格が安い。バッテリー長持ち。この3点からChromebookにしました。

私の場合はサブ機としてですが、インターネットが主用途で特殊な作業の無いの方であれば、Chromebookでメイン機も十分可能かと思います。

PCの購入の機会があれば、ぜひChromebookも選択肢に加えて検討してみてください。

HORI建築ホームページ
https://www.hori-aa.co.jp/

暮らしに癒しと彩りを。お庭とグリーンの専門館「VILLAGEイロトリドリ」

https://irotoridori.space/

新築、注文住宅、リフォームするなら、耐震、省エネ、安心、健康を考え、自然素材を扱うHORI建築へ。

HORI建築は福知山市、綾部市、舞鶴市、宮津市、与謝野町、京丹後市等の京都府北部で豊かな暮らしの住まいをつくる木の家専門の工務店です。