夏涼しくて冬暖かい家

自然の力を取り入れる

家を作る前にまずはその土地の環境を調査して、その土地にあった家を作ります。その土地によって、風向き、太陽光の入る角度、湿気、四季の変化が違ってきます。土地は全て違います。そしてその土地に適した家づくりは全て違ってきます。H O R I建築はその土地にあった最良の家をご提案させていただくことにより、夏涼しくて、冬暖かい家を作っていくのです。例えば、日射遮蔽(にっしゃしゃへい)という考えがあります。日射遮蔽とは、簡単に説明すると窓から侵入する日射を遮ることです。日射が窓から入ると当然、室内の壁や床の表面温度が上昇して、室内温度も上昇します。冬場は日射が家の中に入れば、部屋の中が温まっていいと思いますが、夏場は暑くなって快適に過ごせなくなります。それではどうすればいいのでしょうか?

季節によって変化する太陽の高さを考えて家を作る

太陽は夏至の時期が一番高く、冬至の時期が一番低いのは誰もがご存知だと思います。ただ、これを実際の家づくりに活用することは今まではそこまで注目されておりませんでした。それを本格的に取り入れたのがパッシブハウス(パッシブデザイン)と呼ばれているものです。
※パッシブハウスとは自然の力を取り入れてエネルギーを無駄なく使う家のことです。

庇(ひさし)を調整する

先ほどのパッシブ的な考え方を活用すると、庇(ひさし)の角度と長さを考えるとうまく太陽の光を調整することが可能になります。下記のイメージ図をみてもらうとわかりやすいと思います。上記のイラストのように庇(ひさし)の長さと角度を調整することにより、夏は太陽の光を遮り窓の中には入れず、冬は太陽の角度が低いので窓から光が入るというわけなのです。

庭を考える

パッシブの考え方は家だけではなく、庭も考える必要があります。例えば、先ほどの太陽の光のことを考えると、庭に広葉樹があれば、夏場は緑の葉が光を遮りますし、冬場は葉が落ちるので太陽の光が家の中に入ってきます。このように家と庭は一体化しているのであって、別々に考えるものではありません。これらは、パッシブハウスの一例であり、他にもいろいろな手法や場所で自然の力を取り入れて、夏涼しく冬暖かい家にしながら快適な暮らしを保ちつつ、光熱費を削減していくのです。

最新の科学の力を取り入れる

国が定める住居の省エネ基準というものがあり、日本を8区画に分けております。これは寒い地域ほど、基準が厳しくなっており、北海道一番厳しく、沖縄が一番緩くなっております。

HORI建築が作る家は北海道基準をクリアしている!

最新の技術を使うことにより、断熱性を高めることができます。HORI建築が作る家はW(ダブル)断熱を標準仕様にしております。ダブル断熱とは、今までのような内側の内断熱だけではなく、外側の外断熱も入れることでダブルの断熱材を使うことで断熱効果を高める効果があります。

HORI建築が作る家は北海道基準をクリアしている!

最新の技術を使うことにより、断熱性を高めることができます。HORI建築が作る家はW(ダブル)断熱を標準仕様にしております。ダブル断熱とは、今までのような内側の内断熱だけではなく、外側の外断熱も入れることでダブルの断熱材を使うことで断熱効果を高める効果があります。

何を作るにおいても時代とともに変化していきます。何が最適なのか?何がお客様にとって一番いいものなのか?は当然違います。例えば、窓の場所や大きさや材質によっても断熱効果はかなり違ってきます。このような様々な要素を加味しながら、HORI建築は常に勉強を怠らず、お客様に寄り添った提案をしていきたいと思っております。高スペックになりすぎてお値段が高くなりすぎても当然いけません。HORI建築が考える「夏涼しくて、冬暖かい家」とは、自然の力を最大限取り入れながらも、最新の技術や科学も取り入れて、お客様に最適な家づくりを作ってまいります。

人間の感覚を大事にする

人間の感覚って大事ですよね?科学だけではなく、感覚で「よくわからないけど、なんだかいい!」とか「なんだか空気が柔らかい!」など、うまく説明はできないけど、確かに感じるものが人間にはあるかと思います。HORI建築はそのような人間の感覚も家づくりに取り入れております。

体感温度?

例えば、気温は同じでも風があると人間は寒く感じます。風速1メートルで1度寒く感じると言われております。そのような考えをHORI建築は家づくりで応用をしております。

温度は足で感じる?

実は人間は足が寒いと全身が寒く感じられ、足が暖かいと全身が暖かく感じられるということをご存知でしたでしょうか?温泉で足湯に使っていると全身がポカポカしてきた経験をしたことがある人は多いのではないのでしょうか?室内が同じ温度でも木材の床と建材のフローリングとでは、実は体感温度が全然違います。建材のフローリングだとひんやり感じられますが、木材の床だと暖かく感じられます。このように「体感」というものを家づくりに取り入れることによって、「夏涼しくて、冬暖かい家」を作り上げていくのです。

  • お問い合わせ・資料請求
  • モデルハウス