品質管理

HORI建築の品質管理

ベタ基礎

基礎の立ち上がりだけでなく、床全面が鉄筋コンクリートのベースになっている基礎です。 建物の荷重を床全面のベースで受け止めて支えます。 また、地面をコンクリートで覆うので、地面からの湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。

ベタ基礎一体打ち構造

基礎のベースと立ち上がりを同時にコンクリート打設する方法です。 一般的な基礎のベースと違い、立ち上がりに継ぎ目がないので高強度な基礎にでき、又、水やシロアリが入りこむ隙間がありません。

割栗石

最近は一般的には使われる事が少なくなってきましたが、 12cm~15cm位の大きさの石で、基礎の下に敷き詰め、 その隙間を通常の砕石を詰めることで、地盤をより硬く良好にします。 ※なぜ割栗石が一般的に使われる事が少ないのか ・・・一般には砕石を使われているところが多い。それは、学術的には砕石でも割栗石でも強度的にはあまり変わらないから。HORI建築では、基礎をとても大事なものだと考えています。そのため、昔から手間ひまをかけてされてきたこの工法を施工します。

コンクリート試験

全棟、コンクリートの品質検査を行います。 やわらかさや空気量、塩化物量を測定し、材料の品質が基準を満たしているか検査します。 又、テストピースと呼ばれる試験体を採取し、7日後・28日後に圧縮試験にかけ、強度の検査をしております。

基礎天端精度

基礎完成時には、基礎の立ち上がりの上(基礎天端)を平らに仕上げます。 しかし、施工時は柔らかく固まるまでは不安定で、 固まる際には収縮が起こりますので、これを平らに仕上げる事は非常に難しい事です。 一般的には基礎天端許容誤差は±3mmです。 実際にこの測定をしているところは多くありませんが、HORI建築ではこれを約45cm毎の細かさで測定し、施工誤差±0.75mmで仕上げます。 これを限りなく0に近づける事で、土台を水平に、柱を垂直に据え付ける事ができます。


木造軸組筋かい構造

建築構造の木構造の構法のひとつで、主に柱や梁といった軸組(線材)で支える、 日本で古くから発達してきた伝統工法を発展させた構法です。

無垢構造材

一本の原木から角材を必要な寸法に切り出したもので、 木本来の質感、風合いの魅力があり、化学物質を含まない自然素材です。無垢材と集成材では強度に違いがある??集成材は初期強度こそ非常に優れておりますが、年数とともに接着剤が劣化し強度が落ちると言われています。しかし、無垢材は年数と共に強度がどんどん増していくと言われています。これは、木材は乾燥するほど強度が高くなることと、無垢材が芯持ち材だからです。 芯以外の辺材と呼ばれる部分は乾燥が早く強度も早く出せますが、 芯の部分は完全に乾燥するまでにとても時間がかかり、建ててからも何十年とかけて徐々に乾燥していきますので、 強度もそれに合わせて高くなっていきます。


桧柱

柱は国産の桧材を使用しております。 桧は湿度の高い日本の気候風土に合っており耐久性が高い為、昔から神社仏閣に使われてきました。 又、桧には特有の香りがあり、これはヒノキチオールという成分です。 ヒノキチオールには、リラクゼーションや、精神安定効果があり、人にとっては非常に香りの良いものです。 しかし、害虫にとってはヒノキチオールがとても苦手で、自然な害虫予防・駆除になります。又、抗菌効果もあります。

杉梁

梁は国産の杉材を使用しております。 杉は桧に比べやや強度は劣りたわみやすいですが、とても高い粘り強さがあり折れにくく強いのです。


構造躯体精度

一本の原木から角材を必要な寸法に切り出したもので、 木本来の質感、風合いの魅力があり、化学物質を含まない自然素材です。柱の垂直精度、梁の水平精度は±3mmです。大工さんと共に、検査員が一本一本全ての柱の垂直精度、等間隔で水平制度を検査します。 これを限りなく0に近づける事で、梁を水平、柱を垂直に据え付ける事ができ、構造に無理な負担がかからないようにします。


鉄筋工事

基礎の配筋は、完成した後は見えなくなる部分だからこそ、しっかりと確認してもらいます。また、当社の基礎の一体打ち工法のメリットや強度・防湿・防蟻のご説明も行います。

鉄筋の組み方
防湿処理の確認
排水配管等の状況確認
鎮め物・土地のお守りの確認 など


基礎工事完了

その基礎が水平であるという事は、その上にのる土台も水平になり、土台にのる柱も垂直に建ちます。当社基準の基礎天端水平誤差±0.75mm以内の品質をご確認いただきます。

基礎の高さ
基礎の厚さ
基礎の水平確認
床下換気について など


長期優良住宅

HORI建築と職人さんたちで取り組んできた『現場キレイ』が住宅産業塾の開催した現場きれいコンテスト(全国35社の企業が参加)で総合最優秀賞という名誉ある賞をいただきました。 一緒に一丸となって取り組んでくれたHORI建築安全衛生協力会にも優秀協力会賞をいただきました。 これも未来塾で一緒に学んできたチームHORIの力。 今後も現場キレイを維持していくために社員と職人さんと力を合わせて取り組んで参ります。

良品質施工

背筋が曲がっていると体調が悪くなるように、家もまっすぐに建っていないといたるところに不具合が生じます。品質確保はすべての基本です。 そのため当社では、基礎の天端調整差を±0.75mmという厳しい基準(一般的には±3~5mm)を設け入念にチェック。また、柱においても垂直精度や芯ズレ、反り、割れがないかを全数確認しています。このような社内検査を工程ごとに9回行い、合格確認後に次工程に進めるようにしています。

品質管理

品質管理は住宅管理の基本です。HORI建築では、下記の4つのことを、大事にしています。

地盤補強

HORI建築は信頼ある地盤業者を選任しています。地盤調査はG-webシステムにより地盤調査の不正を不可能にしています。 地盤データベースを本にし、フルオート調査機であるとこから個人差が無く、精度と品質において安定しています。地盤施工においては施工管理装置によるデータの信頼性が有り、調査・工事共に信頼ある施工を行っています。


地盤保障

当社、指定の地盤調査を行い、地盤強度を確認し必要に応じた補強方法を検討しその後、必要な補強方法を行う事でお引渡しから10年間不同沈下に起因する建物の損害を最高3001万円まで保証します。

社内検査

HORI建築の品質管理は全8回の社内検査と各工程別に約650項目ある社内検査、品質管理システムに沿って高く・高度な品質向上を目指し、実績棟数のバックデータ管理にも徹底し自信を持った管理を行っています。完成した物件をお引渡しする前に、総合的な確認を行います。仕上がり状態、汚れ、傷、図面との相違点はないか、スイッチやコンセントの位置などの間違いがないか、変更箇所に抜けはないか、など、あらゆる面のあらゆる項目を確認します。


HORI建築良品質管理システム

①遣り方検査

『遣り方』検査とは、設計図通り、敷地に建物の配置と高さを決める最も重要な検査です。建物周囲に杭を打ち、その杭に高さの基準を記します。これで建物の高さが決まります。その杭に貫板(高さ9cmの板)を打ち付けて、建物の壁の位置を記します。これで、建物の配置が決まります。

②基礎配筋検査

基礎は、建物を支える最も重要なところです。基礎のコンクリートの中に、鉄筋という細い鉄の棒が組まれていきます。コンクリートが流されると見えなくなります。設計図通りの太さや長さ・本数で組まれているかを検査します。お客様にも、知っておいてほしい部分ですので現場監督が立会説明をさせていただきます。

③基礎検査

家全体をしっかり支える為の基礎が、正確にでき上がっているかを検査します。HORI建築の基礎高さの品質基準は、お家が水平でまっすぐに長期間安定するために、水平誤差±0.75mmという厳しい基準を設けています。お客様にも、レベル(水平測量機器)で確認して頂きます。

④土台検査

家を支える土台が、図面通り据え付けられているか、芯ズレや反り割れがないかの確認をします。また、土台と基礎を固定するアンカーボルトが緩みなく締め付けられているか、全数確認をしています。

⑤建て方検査

建て方完了後に真っ直ぐに建ち上がっているか柱の垂直を全数確認、芯ズレや反り割れがないか検査します。構造金物の適合性や、構造ボルトの締め付けに緩みがないかの検査を行います。

⑥構造検査

補強金物が図面通りに全数取り付けられているかの検査や、筋交いに欠き込みをしていないか、また金物で筋交いが固定されているか。また耐力壁がある場合には、規定通り施工されているか検査します。

⑦防水検査

家の中に水が入って来ないよう、問題なく防水工事がされているかの検査です。外壁部分では、防水シートの施工確認、また、笠木やサッシ回り、軒先と壁との取り合いの部分など水が浸入しやすい場所が、防水されているかの確認です。

⑧断熱検査

お客様が快適な暮らしをするために、各場所の断熱材がしっかりと使用されているかの検査です。サッシ回りや電気ボックスの裏、また筋交い部分など、断熱材が充填しにくい場所は、特に注意しながら検査を行っています。

⑨空気環境測定検査

完成した物件の空気環境を測定します。シックハウスの原因であるVOC(揮発性有機化合物)のうち、代表的なホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼンの4種について、空気中の濃度測定を行います。又、空気中のマイナスイオン・プラスイオンの濃度バランスも測定を行います。

空気環境改善で健康住宅へ

人間が1日に摂取する空気の量は、なんとお茶碗20杯分!!その空気の質によって、人間の体は変わります。 HORI建築では、いやしろ4工法を使用し、空気の質にもこだわっています。また、お引き渡しをする前に家の中のホルムアルデヒドなどの数値を測定し、国の基準をさらににしたまわった値で、お引き渡しをさせていただいています。


長期優良住宅

長期性能タイプ認定

HORI建築の『生かされる家』は標準仕様で長期優良住宅に対応!!

※プランのご要望や建築地によっては対応できない場合があります。

長期優良住宅ってどんなの?

「つくって壊す」から「手入れして受け継ぐ」住まいへ

住宅を長持ちさせるためには、住宅を建てる時に、まず、長期間の使用に耐えられる性能を持った住宅にしておかなければなりません。さらに、建てた住宅をしっかりと維持管理していかなければなりません。 長期間の使用に耐えられる一定の住宅性能と維持管理の計画について、国が定める基準をクリアした住宅は「長期優良住宅」として認定を受けることができます。

HORI建築の『生かされる家』は全てにおいて最高等級をクリア

国土交通省認定機関から「長期性能タイプA」を関西初認定!

株式会社HORI建築では、国土交通省指定認定機関の財団法人に日本住宅・木材技術センターから、木造住宅合理化システム「長期性能タイプ」の一つである合理化システム普及協会「長期性能タイプA型」を関西で初めて認定を受けました。

引き渡し時のチェック

HORI建築では工事中の各工程ごとのチェックと引き渡し直前のチェックが行われます。完成直前のチェックでは国の基準より高く設定している自社基準によってチェックしています。

・数百カ所もある構造の金物を全数チェックする。
・柱の垂直度を全数チェックする。

などの項目にも力を入れています。


引き渡し前のチェックは女性スタッフが外部・内部を女性目線で生活するお客様の気持ちになってチェックをします。

・キズ、汚れの有無
・スイッチ、コンセントなどの電気関係の作動
・水回りの使いやすさ、水が出るか
・扉や窓などの開け閉めのしやすさなど

その家に住んでいる気持ちで確認します。

また施工途中から、何度もお客様に現場を見て頂くことで、理想の住まいをお客様とともに作り上げていきます。(実際に1週間に1度ほど、現場に足を運ばれるお客様が多く、その場で大工とのやりとりも見受けられます)

  • お問い合わせ・資料請求
  • モデルハウス