fbpx

第75回 『HORI建築スタンダード』~我が社の実践・今後の課題~

・はじめに、協力会の岡本会長より開会の言葉をいただきました。これから梅雨に入り、ますます暑くなっていきます。季節の変わり目は特に体調が崩れやすいということもありますので、各自注意をしていただくようにとの声かけがありました。来月には安全大会が開催されます。今一度、安全についても見直し、無事故・無災害の安全な現場づくりを進めていきましょう。
また、今回は住宅産業塾から共立建設㈱様の社員・協力業者の方々がお越しくださり、一緒に学ばせていただきました。

・営業報告では、先日お引渡しをさせていただいたリフォームの現場でお客様から、「大工さんの言葉遣いが本当に丁寧で嬉しかった。他の職人さん方もみなさん、その場での急なお願いも聞いてくださり、気配りもしていただいて本当にありがたかった。」とのお言葉をいただいたと報告がありました。そういった些細な、工事とは直接関係のないように思えることがお客様の安心や満足にもつながっているということを改めて感じました。
安全パトロールの報告として、「ジャッキベースがいがんでいた」「仮設階段の固定のしかたが理想的な現場と、まだ不十分な現場がある」などが挙がっていました。どの現場もキレイではありますが、スタンダードと照らし合わせると、あと少し改善・工夫が必要であるように感じました。また、現場でのゴミの回収について、新しく動き出している現場から分別方法を少し変えておりますので、現場に入られた際にはご確認いただき、ご協力をよろしくお願い致します。
 

・今月のテーマ報告は、『HORI建築スタンダード』~我社の実践・今後の課題~というテーマで、瓦松の松下さん・インテリア松下の四方さんのお二人にお話しいただきました。現場に入ったらお客様のことはもちろん、次に入られる職人さんがスムーズに作業ができるようにと、自分たちが抜けたあとのことを考えて掃除をしているということや、現場に乗って行く車もキレイなもので、汚れた車では現場に行かないことを徹底しているというお話しを聞かせていただきました。
また、キレイな現場を保つためには、工程のズレや遅れがなく余裕を持った作業ができることが大前提であるということも言っていただき、職人さんたちが丁寧な作業+丁寧な掃除ができるように、HORI建築として工程の管理をしっかりと行っていく必要があると感じました。

・堀社長の補足説明の中で、「自分との約束を守る」ということがありました。人との約束は守って当然ですが、自分との約束は意外と守れていないことがあるのではないでしょうか?約束を守るということの積み重ねが自信にもつながっていきますので、是非自分との小さな約束事をたくさん作ってみてください。

・最後に、桒原建築の桒原さんより閉会の挨拶をしていただきました。掃除の仕方や程度にも個人差はありますが、「未来塾を通してその差をなくしていく」というお言葉をいただきました。

   

  • お問い合わせ・資料請求
  • モデルハウス