fbpx

第59回 「家が喜ぶ家づくりを!」

はじめに岡本会長より開会の挨拶をいただきました。
普段取り組んでいる一斉清掃や未来塾。また4月に予定しているイベントの「”木の家”を創る職人達福知山住宅博覧会」も現在、実行委員を中心に進めていますがみなさんにも是非積極的にご協力をいただいて全員で成功したいと思います。

営業報告では先月に開催しました2棟合同見学会より、それぞれの建物の良い所がしっかりとご来場された方に伝えることが出来ました。
また、2月にお引渡しをさせていただいたお施主様からは「本当に思い通りの良い家が出来た。これから、ずっと大切に住まわせて頂きます」と大変嬉しい言葉を頂きました。
この見学会でたくさんの方にHORI建築のファンになって頂けました。
これも、皆様の日頃の一つ一つの工事に対する熱い思いが形になり、それが最大の営業となったからだと思います。
これからもみなさまでHORI建築を盛り上げていって頂きたいと思います。

安全パトロールにおいては今年に入って2回目となりました。
とても良いスタートが切れていると感じました。どの現場を見ても非常にきれいで整頓されていて、前回の指摘事項もきっちり改善されていましたが、また新しく目につくところが出てきているのが現状で、「キレイ」であるからこそ小さなことが目に付くようになってきたというのが今回のパトロールでの印象でした。

安全教育では労働災害を未然に防止するため「送り出し教育」についてでした。新規入場者の災害発生率の多いことが知られていますが、新たに乗り込む現場特有のルールや危険要因がある場合に「知らなかった。聞いてなかった」などの理由により起きる災害も少なくありません。
送り出し教育を徹底してご協力頂きたいと思います。

今回の未来塾では住宅産業塾の長井塾長にお越し頂き講義をして下さりました。
冒頭で話された「住宅は命を担保にしたお客様の"家族の幸福の城"」それを実現するのがプロの仕事(志事)。「本当の魂を込めた施工」。入魂の住宅でなければお客様に満足はないと思いました。

塾長よりこれからの住宅産業の進んでいく方向性を聞かせて頂き考え方なども変わってきました。
色々な現場での品質管理に関する実例や業者さんごとの工夫などを写真を見ながら説明していただき、今後の仕事や生活の中で色々と改善していくことも沢山ありました。
「お客様の感動と信頼を呼ぶ光る現場づくり」を続けていき、日本一キレイな現場を目指してきましょう。

沢山の工務店や現場・職人さん達。机上ではなく塾長自ら実際に足を運ばれて見て来られたもの。そして、私たちにその魂を吹き込んでいただいた1時間半でした。
厳しい時代ですが「チャンスはある」。そのチャンスは一体どこにあるのか。それは自分の心にあるということをおっしゃられました。

この5年間みなさまと一緒にやってきたことは本当に誇りに思えることでもありますし、「たかが掃除されど掃除」とありますがこれ以上の効果のある方法はないとおっしゃって頂けましたので、今まで以上にみなさまにご支援ご協力をいただいて頑張っていきたいと思います。

 

  • お問い合わせ・資料請求
  • モデルハウス