fbpx

リモコン玄関扉 HORI建築

更新日:2019年9月10日

みなさんこんにちは  HORI建築の中山です。今回は便利な住宅設備のご紹介をさせていただきます。それは、HORI建築で近年採用率が大きく増えている、YKKのスマートコントロールキーで開け閉めできる玄関扉です。車では昔からリモコンで開け閉めできていたのですが、家の扉もリモコンで開閉できれば便利だろうと思ってました。そしたら知らぬ間に製品化されていましたね。今回我が家にも取り入れました。使い方は車のキーレスと全く同じです。形まで似ているので家と車を間違えてしまうことがあって、それはそれで問題ではと思ったりするほどです。写真左が玄関、右が車です。

一番よく使うのが、リモコンのスイッチ操作による開け閉めです。動画にしましたのでご覧下さい。

リモコンキー

次によく使うのがカバンやポケットにキーを入れたままで、玄関扉のスイッチを押すという使い方、車と同じです。両手がふさがっているときなど、体のどこかで押せばよいので楽ですね。これも動画をご覧下さい。

押しボタン

次はカードキーです。財布などに入れておけばタッチで開閉できます。これも動画ご覧下さい。

カードキー

もう1種類シールキーというのがあります。スマホやお子様の防犯ブザーに貼り付けるのが使い方の例ですが、小さすぎて不安があり、我が家では使っていません。このカードキーとシールキーはオプションで12枚まで登録できます。ポケットキー2個と合わせれば最大14人家族まで対応?ということでしょうか。

それ以外に、普段は使わないですが非常用キーも付いてきます。

ポケットキーの中にも実は非常用キーが仕舞われています。ホント車と同じですね。

この玄関扉は防犯対策を兼ねて2箇所ロックされるようになっています。扉の内側の動画をご覧下さい。カギを閉めるときは手間を減らしてワンタッチで2箇所ロックされます。逆に開錠するときは上下それぞれ手動で開錠操作をするという手間が求められます。おそらくセキュリティーを高めるために必要なのだろうと解釈しています。

内側

これらを体験すると「キーを出し、鍵穴に挿し、回す、抜く」という操作がとても大変に感じてしまいます。

昔は玄関ではなく勝手口から出入りしなさい」なんて言われていた記憶がありますが、現在は基本、玄関からですね。その代わり玄関内を2ルートに分けて家族の動線とお客様の動線を作ったりさせてもらっています。そもそも我が家には勝手口がないのです。玄関の出入りが安全に楽にできるこの「スマートコントロールキー」のシステムは本当にお勧めです。

中山茂樹

HORI建築ホームページ
https://www.hori-aa.co.jp/

暮らしに癒しと彩りを。お庭とグリーンの専門館「VILLAGEイロトリドリ」

https://irotoridori.space/

新築、注文住宅、リフォームするなら、耐震、省エネ、安心、健康を考え、自然素材を扱うHORI建築へ。

HORI建築は福知山市、綾部市、舞鶴市、宮津市、与謝野町、京丹後市等の京都府北部で豊かな暮らしの住まいをつくる木の家専門の工務店です。

  • お問い合わせ・資料請求
  • モデルハウス