fbpx

明治神宮の御苑

更新日:2019年9月11日

こんにちは!

残暑が厳しい今日このごろ、体調など崩してないでしょうか?

私は、秋の花粉症、イネ科の花で少々喉を痛めています。

明治神宮の御苑のレポートを書きます。

明治神宮の大鳥居を抜けて、ちょっと行くと右手に、

”清正井はこちら”という看板が御苑の入り口にありました。

明治神宮に行ったなら、寄ってみたい場所だったので、

お参り前にでしたが、寄ることにしました。

入り口は、もう森の中。

ここが東京なのが不思議に感じるくらい、ぴーーんとはった森林の空気感。

そこを進んでいくと、少し小高い場所に出て、

”隔雲亭”という日本家屋があります。

傾斜を使った手入れの行き届いた庭が、すごく素敵です。

池には、色とりどりの睡蓮の花が水面に咲いていて、

亀や錦鯉がゆうゆうと泳いでいて、時間が止まった感じがしました。

そして、花菖蒲の池(季節も過ぎていたので花はなかったです)を過ぎて、

もっと奥の方に進んでいったら、森の中にやっと”清正井”がありました。

自然と湧く水が、毎分60Lあるそうです。

”清正井”という井戸ですが、清正といえば、加藤清正を思い浮かべますよね。

有名なのは、熊本城の築城。

忍者屋敷のような仕掛けのたくさんある、黒くてカッコイイお城ですよね。

建築や土木を研究していたみたいですね。HORI建築と通じるところがありました。笑

この井戸は、加藤清正の息子のお屋敷の跡地らしいのですが、

加藤清正がこの井戸を、ほんとうに掘ったかどうかは、実のところ分からないそうです。

でも、この透き通った、井戸水は、

何百年も前に、清正も飲んでるかもしれない水かも?って考えると、ワクワクしてきます。

HORI建築の家も、何百年って残る家をめざして、頑張っています!

Yanagita

HORI建築ホームページ
https://www.hori-aa.co.jp/

暮らしに癒しと彩りを。お庭とグリーンの専門館「VILLAGEイロトリドリ」

https://irotoridori.space/

新築、注文住宅、リフォームするなら、耐震、省エネ、安心、健康を考え、自然素材を扱うHORI建築へ。

HORI建築は福知山市、綾部市、舞鶴市、宮津市、与謝野町、京丹後市等の京都府北部で豊かな暮らしの住まいをつくる木の家専門の工務店です。

  • お問い合わせ・資料請求
  • モデルハウス