fbpx

宅配ボックス 動画

更新日:2019年9月17日

みなさんこんにちは  HORI建築の中山です。今回は便利な住宅設備 その2「宅配ボックス」を紹介します。宅配ドライバー不足や再配達問題といった、業界側の事情もありますし、不在票が入っていると申し訳なく思ったり、再配達の連絡を煩わしさく感じたりもしていました。忙しくて放置していたら何枚も不在票をいただいたりしたので、共働きの我が家にとっては最優先重要事項でした。

そこで選んだのがこれ パナソニック宅配ボックスコンボ「ミドルタイプ」ミドルと言っても一般的には一番大きな荷物が入るタイプです。最大寸法横34㎝×奥行き35㎝×高さ50㎝ 重さ20㎏まで対応します。それでは使い方を動画でご覧下さい。

宅配ボックス 入れる

宅配業者や郵便局の人が扉のレバーを下げて扉を閉めるとロックがかかり、開かなくなります。扉の表には「使用中」の赤い表示が表れ、使えない状態を示します。その状態で伝票を差し込みなつ印ボタンを押すと「中山」のシャチハタが押されます。

動画をご覧下さい。

宅配ボックス なつ印

自宅に帰った時に、赤い表示になっていたら、専用のカギで扉を開けて荷物を出します。カギを回すと赤い表示は緑の「受け取りできます」に変わります。

動画をご覧下さい。

宅配ボックス 開ける

写真からも分かるように、かなり壁から飛び出しています。ここまで出っ張るのはちょっとという場合はハーフタイプを選ばれると出っ張りは半分に減ります。ただし受け取り可能な荷物の奥行きがミドル35㎝に対してハーフ15㎝と半分以下になりますので、価格から考えるとコスパが良いのは圧倒的にミドルタイプとなります。私は荷物が入らない可能性を最小限にしたくて大きいものにしました。たいていの荷物は収まってくれますし、設置して良かったと思える設備でした。ご参考にしていただければと思います。

中山 茂樹

HORI建築ホームページ
https://www.hori-aa.co.jp/

暮らしに癒しと彩りを。お庭とグリーンの専門館「VILLAGEイロトリドリ」

https://irotoridori.space/

新築、注文住宅、リフォームするなら、耐震、省エネ、安心、健康を考え、自然素材を扱うHORI建築へ。

HORI建築は福知山市、綾部市、舞鶴市、宮津市、与謝野町、京丹後市等の京都府北部で豊かな暮らしの住まいをつくる木の家専門の工務店です。

  • お問い合わせ・資料請求
  • モデルハウス