地鎮祭とは?? HORI建築

更新日:2019年10月22日

こんばんは。

今日は「地鎮祭」とは何のためにするのか?ということを

書いていきたいと思います。

※地鎮祭とは

・日本には八百万(やおよろず)の神という言葉があり、自然界のあらゆるものなどに神が宿るとされてきました。

これから家を建てようとしている土地に宿る神様を鎮め、土地を使うことに対する許可を得るという意味があります。

そして、地鎮祭で土地を利用する許可を得ることによって、「工事の安全」を祈るという意味もあります。

一般的には神道の神主さんを呼んで祝詞(のりと)をあげてもらいます。

地鎮祭は神様のためだけの形式的な行事ではなく、住宅の不具合・欠陥を防止する為、

そしてお施主様と会社、職人たちが互いに顔の見える家づくりにするために執り行います。

顔の見える家作りは、安心できる家作りの第1歩でもありますので、お施主様にはご家族で参加頂いています。

どんな業者さんが家を建ててくれるのか、お世話になるのか、分かると安心できますよね。

HORI建築ではこのように式典1つ1つを大切に、お客様と一緒に執り行っています。

地鎮祭の予定がある方は、是非参加されてみてはいかがでしょうか?

今日は地鎮祭について書かせて頂きました。

次回は上棟式について書きたいと思います。

よでん

HORI建築ホームページ
https://www.hori-aa.co.jp/

暮らしに癒しと彩りを。お庭とグリーンの専門館「VILLAGEイロトリドリ」

https://irotoridori.space/

新築、注文住宅、リフォームするなら、耐震、省エネ、安心、健康を考え、自然素材を扱うHORI建築へ。

HORI建築は福知山市、綾部市、舞鶴市、宮津市、与謝野町、京丹後市等の京都府北部で豊かな暮らしの住まいをつくる木の家専門の工務店です。