fbpx

基礎見学会 HORI建築

更新日:2019年10月29日

皆さんこんにちは HORI建築の中山です。今回は今週11月2日(土)3日(日)に行う基礎見学会に関わって、HORI建築の基礎の特徴についてお伝えしたいと思います。「基礎なんて何を見るの?」とお思いかもしれませんが、基礎の中にも安全と健康そしてメンテナンスのヒントがあり、お客様の幸福の城つくりの秘密が一杯詰まっています。基礎に興味を持っていただいたなら家づくりは半分成功したようなものかも知れません。

①いやしろ炭埋設工法(まいたん)

基礎の中心に120kgもの炭素を埋めます。そのことでその土地本来の電気の流れを整え、敷地にマイナスイオン環境を作ることによって人が健康に生活でき、植物の生育もよくなります。隣の家の植物まで良く育つようになったという報告もあるほどです。

②溝を掘り、敷地全体に大きなグリ石を敷き詰めます。その上からタンピングランマーという機械で石を押し固めます。普通の住宅の現場ではまず使われないグリ石ですが、HORI建築ではより安全で加重に耐えられる基礎をつくるために、手間をかけてこの工法を守り続けています。布基礎が立ち上がる面だけでなく、全体に加重が分散されるベタ基礎ですから、全面に施工するのがこだわりです。

③防湿シートで覆います。普通は透明なシートを使うようですが、HORI建築では白蟻を寄せ付けない防蟻シートを使用しています。ターミダンシートと言います。このシートは九州など暖かく白蟻の繁殖地域でよく使用しているものですが、近年の温暖化のこともあり、また白蟻被害が出やすい基礎断熱工法を行うということから、念には念を入れて標準化しています。

④鉄筋を多く入れます。 私は初めてHORI建築の基礎鉄筋を見たときに、ビルでも建てるのかと感じたほどでした。今回の基礎見学会では既にコンクリートの中に隠れてしまっていますが、太い鉄筋が高い密度で張り巡らされています。これから家を建てようとお考えの方は工事現場を通りかかったら鉄筋を見るようにしていただくと、違いが分かると思います。

⑤タイトモールド  群馬県にある会社が開発した基礎型枠で、白蟻が嫌いなホウ酸を塗りこんだ発泡スチロールでできていて、コンクリートを流し込んだ後もそのまま外さずに使用します。基礎断熱の性能も高めることができ、かつ有害な薬剤の使用なしに白蟻を防御できるという、一石三鳥の優れものです。少し価格は高いのですがこれも標準で使用しています。

⑥コンクリート一体打ち工法  コンクリートを打つときに、普通は床面と布基礎部分の立ち上がりは分けて別日に打つのですが、HORI建築では技術的には難しい一体打ち工法を行います。理由は分けて打つと、目には見えませんがどうしても隙間ができやすく、そこが蟻の道(蟻道ギドウ)になる可能性が増すからです。このように徹底して白蟻の侵入を防ぐことにこだわって施工しています。

⑦RENコート  施工後オレンジ色になっていますが、抗酸化作用を持つ塗料を塗ることで、抗酸化の空間にできます。特に床下エアコンとの組み合わせでは、抗酸化の空気が循環することで、室内全体が抗酸化環境になることが期待できます。

⑧配管が見えます。 写真では分かりにくいのですがHORI建築では配管を入れる少し大きめの「さや管」という管を入れておいてからその中に配管を通すように施工しています。こうすることで、万が一配管が詰まったり破裂したりしても基礎のコンクリートを割らなくても交換ができるというメリットがあります。万が一のときにもお施主様に経済的な負担をかけない工夫だとお考え下さい。

⑨品質管理  ここまでできると、品質管理が基礎天板の高さが均一かどうかを厳密に検査します。基礎面のレベルを455mm間隔で測定し、+-0.75mmを超える部分は修正を加えます。基礎の全長は70mくらいにもなりますが、その長さででこぼこを最大1.5mm以内に押さえるという手間のかかることをやっています。水平な基礎の上にこそ垂直な家が建つという考えです。

⑩建て方の前に職人さんが土台据えをします。

以上10点に渡ってHORI建築の基礎づくりについて紹介させていただきました。家が建ってしまえば見えなくなる部分ですが、「100年持つ健康増進住宅を造りたい」ということを真剣に考えるとこのような基礎になりました。基礎見学会では、家が建つ前の今しか見られない部分を見ていただくことで、基礎の大切さやなぜそこまでやるのかを知っていただける機会となります。完全予約制です。早めのご連絡をお待ちしています。

中山 茂樹

HORI建築ホームページ
https://www.hori-aa.co.jp/

暮らしに癒しと彩りを。お庭とグリーンの専門館「VILLAGEイロトリドリ」

https://irotoridori.space/

新築、注文住宅、リフォームするなら、耐震、省エネ、安心、健康を考え、自然素材を扱うHORI建築へ。

HORI建築は福知山市、綾部市、舞鶴市、宮津市、与謝野町、京丹後市等の京都府北部で豊かな暮らしの住まいをつくる木の家専門の工務店です。

  • お問い合わせ・資料請求
  • モデルハウス