fbpx

実は基礎が重要な床下エアコン

更新日:2019年10月31日

こんにちは。福知山市のHORI建築 スタッフ 田中です。

そろそろ朝晩が寒くなってきましたよね。

秋が通り過ぎて冬が来るのが早いんでしょうか…。

いよいよ、床下エアコン暖房システムが活躍する季節がやってきました。

ところで、床下エアコン暖房システムは、エアコンの暖気を床下を通して室内へと運びます。

そこで、気になる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

あれ?

うちの実家の土台、風穴みたいなのあるけど…?

暖気が抜けてっちゃうんじゃないの??

実は、我が家にもあります。この通気口。

少し前の家では土台通気が当たり前でした。

床下の湿気やシロアリ対策のようですが、土台に通気口があったら、床下に暖気を送っても外に抜けるばかりで、とても省エネとは言えません。

室内が温まるとも思えません。

そこで、重要になるのが、基礎構造です。

床下が高気密であることはもちろんですが、そこを通って室内に空気を運ぶのですから万が一にも基礎に有害物質が入っていては大変なことになります。暖気と一緒に人体によくない空気を室内に運び込んでしまい、それこそ有害な住環境が出来上がってしまいます。

そんなことになったら、大変です!

床下エアコンをつけるためには、有害物質を使わない基礎、気密性の高い基礎が必要不可欠なんです。

当社の基礎はシロアリ対策にはターミダンシートというシロアリ防除用シートを隙間なく敷き詰めます。

基礎の型枠はシロアリ対策のためにホウ酸な塗り込まれたタイトモールドという断熱性能に優れた発砲スチロール製の型枠を使用します。

タイトモールドはコンクリート打設後も取り外さずそのまま基礎の一部となります。

基礎完成後は、化学物質を分解し、抗酸化作用があるコート剤を塗布します。

こうして、高気密の上に抗酸化作用でキレイな空気でいっぱいの床下環境が出来上がります。

このキレイな空気を暖気とともに室内へと運ぶのが、当社の床下エアコン暖房システムです。

床下を暖めることで足元からポカポカ暖かく、床暖房のようにエリアを固定することなく床下全体を暖める事で家の中どこでも暖かい空間をつくることができます。

洗面浴室、トイレなど、床暖房では暖めることができない個室も暖まるので、ヒートショックなどの心配も軽減します。

それに、床下空間に暖房の熱が蓄熱されるので、冬場の室内の温度変化がゆるくなって少しのエネルギーで安定した暖房とする事が可能になります。

体やお肌に嬉しいキレイな空気を循環させつつ、足元から室内までポカポカと暖かい快適な環境を省エネでつくる床下エアコン暖房システム。

これから家づくりをされる方は、一度体感されてはいかがでしょうか。

ネットや本で見るだけでは、分かるようで分からないと思います。

11/23-24に丹波市で開催する完成見学会にお越しください。

床下エアコン暖房システムを、体感いただけます。

https://www.hori-aa.co.jp/post-33646/

気づくのが遅くて完成見学会が終わってしまった!…という方は、ぜひ当社にご一報ください。

当社の住まい手様のお家をご案内させていただくことも可能です。

また、床下エアコン暖房システムをお考え中の方には基礎構造見学会もオススメです。11/2-3と福知山市で開催しますので、ぜひ見においでください。

基礎構造見学会開催 in 福知山市 優れた耐震性能で安心して暮らせる家づくり 福知山市萌黄の丘にて基礎構造見学会を開催します。 他...

田中

HORI建築ホームページ
https://www.hori-aa.co.jp/

暮らしに癒しと彩りを。お庭とグリーンの専門館「VILLAGEイロトリドリ」

https://irotoridori.space/

新築、注文住宅、リフォームするなら、耐震、省エネ、安心、健康を考え、自然素材を扱うHORI建築へ。

HORI建築は福知山市、綾部市、舞鶴市、宮津市、与謝野町、京丹後市等の京都府北部で豊かな暮らしの住まいをつくる木の家専門の工務店です。

  • お問い合わせ・資料請求
  • モデルハウス