柱や梁を見せる HORI建築

更新日:2020年1月7日

みなさん明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。HORI建築の中山です。今年の初スタッフブログとなります。

年始の2日、新幹線で東京に行きました。道中富士山がきれいに見えました。やっぱり美しいですね。見とれてしまいました。

さて本題です。今年は家を考えようと思われている方もあるのではと思います。今回は「柱や梁を見せる」という視点で少しだけ書かせてもらいます。

せっかく木の家を建てるのであれば木が見えて欲しいと思います。

HORI建築では、壁は漆喰、天井は杉の羽目板を使わせてもらっています。それに少し太めの柱や、写真のように勾配天井との組み合わせで梁を見せることも可能です。小さいお子さんがおられればこれにブランコを設置すると喜ばれると思います。また2本の柱の間にハンモックなどもいかがでしょうか。色々と考えることができそうですね。

和室を真壁(しんかべ)にすると仏壇なども作りやすくなります。この写真では上が仏壇なのですが、扉を軸回しにしているので、開いたあとそのまま左右の側面に収納できます(これは写真なしです)。

木の家専門店ならではの知恵と工夫で、お客様のご要望に幅広くお答えできるのもHORI建築の魅力ではと思っています。どうぞお気軽にお問い合わせください。

中山茂樹

HORI建築ホームページ
https://www.hori-aa.co.jp/

暮らしに癒しと彩りを。お庭とグリーンの専門館「VILLAGEイロトリドリ」

https://irotoridori.space/

新築、注文住宅、リフォームするなら、耐震、省エネ、安心、健康を考え、自然素材を扱うHORI建築へ。

HORI建築は福知山市、綾部市、舞鶴市、宮津市、与謝野町、京丹後市等の京都府北部で豊かな暮らしの住まいをつくる木の家専門の工務店です。

  • お問い合わせ・資料請求
  • モデルハウス