fbpx

カーテン・タッセル HORI建築

更新日:2020年1月14日

皆さんこんにちは 福知山工務店 HORI建築の中山です。今日は小物の紹介です。カーテン・タッセルって何か分かりますか?

カーテンを開けたときに束ねる、布状のものをタッセルと言います。ちなみにタッセルをとめるために壁についている金具、。あれは「ふさかけ金具」と言うそうです。

これです。普通は友布で作られることが多いですが、我が家ではこんなのを使っています。

普通のタッセルはぐるっとカーテンを巻いて、裏にあるふさかけ金具に引っ掛ける訳ですが、なんとなく煩わしい作業で、いつの間にか使わなくなったりしていました。けれどもこれはちょっと違います。正面に見える球状の先端に磁石が埋め込まれていて、ある程度近づけると自らくっつきに行くような感じで楽にカーテンを束ねてくれます。正面で作業できるので、快適です。

先端の磁石部分です。だんだん磁力が弱くなる心配もしていましたが、2年経った現在でもしっかりくっつきますし、それが楽しくてちゃんと使えています。ひょっとしたら皆さんご存知だったかもしれませんが、今日はカーテン・タッセルの紹介でした。

中山茂樹

HORI建築ホームページ
https://www.hori-aa.co.jp/

暮らしに癒しと彩りを。お庭とグリーンの専門館「VILLAGEイロトリドリ」

https://irotoridori.space/

新築、注文住宅、リフォームするなら、耐震、省エネ、安心、健康を考え、自然素材を扱うHORI建築へ。

HORI建築は福知山市、綾部市、舞鶴市、宮津市、与謝野町、京丹後市等の京都府北部で豊かな暮らしの住まいをつくる木の家専門の工務店です。

  • お問い合わせ・資料請求
  • モデルハウス