fbpx

福知山市で自然素材の家をつくる 〜風邪やインフルエンザの起こりやすい環境を防ぐ〜

更新日:2020年1月23日

こんにちは。福知山市の工務店 HORI建築 スタッフ田中です。

冬になると気になるのが風邪やインフルエンザですよね。
皆さんは風邪などひかれていませんか?

なんて言う私も先週から数日、風邪にやられました😭

そして、娘家族と実家の母も胃腸風邪やインフルエンザの猛威の中で翻弄された1週間でした・・・。

発端が私なのか孫のRちゃんなのか分かりませんが、娘と孫のRちゃんが娘の第2子妊娠でひどい悪阻のためにほぼ寝たきりになって家に帰ってきていたんですけど、そんな中で私が発熱。

あ、私が発端??

(この段階で割と高熱だったのでインフルエンザを疑ったんですが、インフルエンザではありませんでした)

娘とRちゃんは自分たちのアパートへ風邪から避難。

にも関わらず、翌日Rちゃんは発熱、嘔吐、下痢・・・病院に行くとインフルエンザにかかってました。

さらにその翌日、娘は嘔吐と下痢、娘のダンナ様は発熱、嘔吐、下痢・・・。

さらに木曜に娘のところに様子見に行っていた実家の母も嘔吐し・・・。

もう、何がなんだかわからない状況😭

結局のところ、孫のRちゃんはインフルエンザと胃腸風邪のW感染。娘夫婦は胃腸風邪、実家の母は恐らく胃腸風邪(+その検査で違う内蔵の炎症が見つかって入院・・・。これは、たまたま見つかってラッキーでした。)

なんていうんでしょうね。カオス状態ってこういうことでしょうか?

健康快適住宅を扱うHORI建築に勤めながら、なんていうことだって感じですが、我が家は木造の注文住宅ではありますが、残念ながら自然素材と抗酸化技術の「健康快適住宅」ではありません。

自然素材の調湿効果だってあるわけありません。だって、壁は総クロスですし。

実は、自然素材の漆喰、珪藻土には調湿効果があることをご存知でしょうか?

人が健康に暮らすためには室内の湿度ってとても重要なんです。

数字だけ見ると「割と高め」に見えますが、快適湿度とは40%~60%と言われています。

特に、乾燥しやすく湿度が40%を下回る事があります。乾燥した空気環境はインフルエンザウイルスなどの活性化が起こるんです。

逆に夏場(特に梅雨)は、湿度が高くなってカビの発生やダニなどの繁殖が起こりやすくなりるんですけどね。

壁に漆喰を使用することで室内をちょうどいい湿度を保ち、インフルエンザや風邪などのウイルスの発生の抑制する健康的な家づくりができます。

クロスは色々なデザインがありますので、選ぶ楽しさも室内の自分好みにしていく楽しさもありますが、家族が長い時間過ごすリビングや寝室の壁は、漆喰にすると快適な湿度が保たれて、冬のインフルエンザや風邪などのウイルスの蔓延を抑制してくれるのではないでしょうか。

■調湿効果や空気環境についてはこちら
https://www.hori-aa.co.jp/health/

我が家のような、インフルエンザと胃腸風邪で家族皆が苦しむ・・・・なんてことから、家が守ってくれるかもしれません。

(もちろん、絶対ひかない!とは言えませんけど)

ご家族が長くいる空間だからこそ、「健康」で「快適」に暮らせる家づくりにこだわってみて下さい。

田中

HORI建築ホームページ
https://www.hori-aa.co.jp/

暮らしに癒しと彩りを。お庭とグリーンの専門館「VILLAGEイロトリドリ」

https://irotoridori.space/

新築、注文住宅、リフォームするなら、耐震、省エネ、安心、健康を考え、自然素材を扱うHORI建築へ。

HORI建築は福知山市、綾部市、舞鶴市、宮津市、与謝野町、京丹後市等の京都府北部で豊かな暮らしの住まいをつくる木の家専門の工務店です。

  • お問い合わせ・資料請求
  • モデルハウス