完成見学会 床下エアコン温度測定 HORI建築

更新日:2020年2月18日

皆さんこんにちは 福知山工務店 HORI建築の中山です。今週末から福知山萌黄の丘に建築した、素敵なお家の内覧会を行います。また来週29日から見学会行います。詳しくはホームページをご覧下さい。2日前から床下エアコンの運転を開始しました。まだ蓄熱も進んでいませんし十分に温度が落ち着いていませんが、試しに本日測ってみました。

玄関の土間スペースです。

玄関前廊下です。今日は雪の日でしたが玄関開けたら暖かです。

リビングです。

キッチン床です。これなら朝の台所仕事も楽ですね。

床下エアコン設定温度22度で運転中です。

洗面所です。ここには「床屋さん」という、床下の暖かい空気を1階に引き込むファンが付いていますので、リビング側よりも温度が高くなっています。入浴時の脱衣室を兼ねていますので、非常に快適に入浴できます。冬場によく耳にするヒートショックとは無縁の生活が送れます。

これが「床屋さん」です。床下エアコンは、ダイニングに設置したリモコン部分の温度を基準に制御されますので、今はまだ頑張って動いている状態です。床下の基礎コンクリートや家全体への蓄熱が進むと、これほど頑張って熱を作らなくてもよい状態になっていきます。消費電力も減少していきます。

バスルーム、タイル表面温度です。タイルはヒヤッとするイメージでしょうが、全然冷たくありません。タカラのバスを採用しておられますが、断熱もキッチリなされていますので、お湯の温度も下がりにくいようです。床暖房と違ってバスルームの床まで暖かくなるのが、床下エアコンの長所の一つです。

1階トイレです。トイレもヒートショックが起きやすい場所です。これなら安心です。

1階のいくつかの場所に暖気を通すガラリというスリットが設置されています。これはトイレ内のガラリです。暖かさが欲しい場所にうまく設置しています。

では2階は寒いのかというと、どうでしょう。これは2階のホールですが十分暖かですね。熱は下から上にと移動しますので、寝室も十分快適に過ごせます。

2階トイレです。1階よりは低いですが寒くはありません。もう数日経つともう少し温度差が少なくなると思います。

こちらの家ではリビング階段の下、造作のTV台の中に床下エアコンが見えないように設置されています。HORI建築は造作も得意です。きれいに仕上がっています。

ちなみに写真奥に見えるキッチンカウンターや収納も全て造作です。是非内覧会(電話でお問い合わせください)や見学会に来てください。

もう一つご案内させてください。月に1度の「住まいの見学会」を23日(日)10時~行います。今回見ていただくのは、1軒は私の家になります。次の項目にご興味ある方は是非お申し込みいただければと思います。あまり公開できませんのでこの機会を使ってください。

①床下エアコンに興味ある方

②大黒柱や勾配天井に興味ある方

③和室に掘りごたつを作りたい方

④2階リビングに興味のある方

⑤ガレージライフに興味ある方

今回は完成内覧会 見学会 そして住まいの見学会のご案内、温度測定結果などを書かせてもらいました。

中山茂樹

HORI建築ホームページ
https://www.hori-aa.co.jp/

暮らしに癒しと彩りを。お庭とグリーンの専門館「VILLAGEイロトリドリ」

https://irotoridori.space/

新築、注文住宅、リフォームするなら、耐震、省エネ、安心、健康を考え、自然素材を扱うHORI建築へ。

HORI建築は福知山市、綾部市、舞鶴市、宮津市、与謝野町、京丹後市等の京都府北部で豊かな暮らしの住まいをつくる木の家専門の工務店です。