fbpx

感謝の御引渡し ー福知山市 HORI建築ー

更新日:2020年7月1日

こんにちは。福知山市の工務店 HORI建築スタッフのHORIです。

早いもので、令和2年も7月を迎えました。

未だ、コロナウイルスとの戦いも平行線であり、一瞬の気の緩みから人生が左右されるような、まだまだ安心できない日々が続きそうです。

そんな中、5月、6月と5件(写真は4件)の新築工事のお引渡しをさせて頂きました。
福知山、綾部、舞鶴、京丹後という北部4エリアにまた一つ、HORI建築のつくる「生かされる家」が完成しました。

少しさかのぼること…
この5邸の上棟の前後に始まったのが、コロナウイルスの感染、そして拡大…。
住宅業界にも早々に影響が出始め、住宅設備機器等を始め、商材の仕入れが一部ストップしました。

辛うじて、
工事は止まることなく進めることができましたが、お客様にとって大きなこだわりの一つである、お風呂、キッチン、トイレといった住設の一部が、一時ご準備できない危機に苛まれていました。
お客様にはご理解いただけるも、その時の、妥協をせざるを得ないという表情を見るだけで、なんとかしたいという思いでいっぱいでした。

はじめは、待つことしか出来ない状況でしたが、いろんな方の協力もあり5月上旬には商品入荷の目処が経ち、一つの大きな不安が解決しました。

しかし、次に待っていたのが日本で初の緊急事態宣言が発令されました。
会社では、自粛やソーシャルディスタンスを強いられ、初のテレワークやリモート会議など緊急で環境の整備に取りかかることとなります。

現場での打ち合わせは、十分にできない分SNSを使って確認を行なったりと、ご協力をいただきながら、なんとか進めることができました。

家づくりを前に抱く喜びと不安の思い。
その不安を増すかのように起こった今回のコロナのショック。

長くかかりましたが、
最終的には、コロナウイルスが原因で工期が遅れたという事もなく、商品も打ち合わせ通りに納まり、無事充実したお引渡し式を迎えることができました。

なにかこの先、必要なものを手にした気持ちです。

先日、引っ越し後の1邸様へお邪魔させていただきましたが、ご家族の笑顔と笑い声でいっぱいでした。

ステイホームが教えてくれたことは、
暮らしの大切さの再認識でした。

この数ヶ月の出来事を原動力にして、前に進みます。

HORI

HORI建築ホームページ
https://www.hori-aa.co.jp/

暮らしに癒しと彩りを。お庭とグリーンの専門館「VILLAGEイロトリドリ」

https://irotoridori.space/

新築、注文住宅、リフォームするなら、耐震、省エネ、安心、健康を考え、自然素材を扱うHORI建築へ。

HORI建築は福知山市、綾部市、舞鶴市、宮津市、与謝野町、京丹後市等の京都府北部で豊かな暮らしの住まいをつくる木の家専門の工務店です。

  • お問い合わせ・資料請求
  • モデルハウス