舞鶴市のK様邸新築工事 土台据え

更新日:2020年8月5日

こんにちわ。HORI建築のスタッフ吉田です。

昨日は、舞鶴市のK様邸で土台据え工事が行われました。

基礎の上に内周部は基礎パッキン・外周部は気密パッキンその上に土台を据えます。

間に基礎パッキンを挟むことで土台からの湿気を基礎へ浸透するのを防ぎ、建物の耐久性を向上させる効果があるそうです。床下の換気を目的とした緩衝材です。

外周部には、発砲ウレタンをスプレーし断熱と気密を高めます。

土台材は、檜を使用しています。

大工さんの休みを狙って土台検査に行きましたが、もう検査出来る状態に仕上がってました。

アンカーボルトも全数しっかり固定されていました。バッチリ

近所にお住いのお父様は鋼製束に興味をもたれていました。

鋼製束は鋼を素材として、これがあることで家の耐久性がます

ようです。木の束だと長年の湿気の影響で腐食したり木材の伸

縮を考慮しないといけないそうです。

土台検査もバッチリでしたので次は、建て方です!

  • お問い合わせ・資料請求
  • モデルハウス