木の家設計グランプリ2020

更新日:2020年10月4日

先日9月26日は「木の家設計グランプリ2020」でした。

今回のテーマは「自然を身方にする家」

応募作品数は222作品。

今回の建築家審査員の方々は

松岡 拓公雄氏(審査員委員長)

竹原 義二氏

横内 敏人氏

伊礼 智氏

堀部 安嗣氏

荻野 寿也氏

堀 啓二氏 

でした。

加えて協賛工務店側それぞれの会社で、工務店賞を表彰するのですが、

このテーマの解釈をどう受け止めて、それをどういう答えを出しているか、

自然を緑や空や風景などの自然と捉えるか、日常における普段の事象を自然を捉えたり

それを自分の決めた実際の敷地に答えを出すわけですから、

見ている僕も良い刺激になりました。

今年はコロナの影響もあってWEBで行いましたが、来年は、また例年通り京都造形大で

行えたらいいなぁを思います。

受賞者の皆様おめでとうございました。

また、今回は受賞に至らなかった方も、最後に横内さんのいっておられた言葉を思い出して

次回にのぞんでもらえたらと思います。

福山