年末のお手入れ ~蜜ろうワックス~

更新日:2020年12月17日

こんにちは。福知山市の工務店 HORI建築です。

2020年もあと半月となりました。新年を気持ちよく迎えるために、お住まいのお手入れをご家族でされる方も多いと思います。

当社でも25日に大掃除をする予定です!

そして、例年最終日には仕事納めとしてには床に蜜ろうワックスを塗ります。

今回は無垢床のお手入れでよく使われる蜜ろうワックスについて少しご案内いたします。

当社でつかっているのは「材木屋とハチミツ職人が作った 未晒し蜜ロウワックス」です。

未晒し蜜ロウワックスはエゴマ油(国内生産)・蜜ロウ(国産・無漂白)のみでつくられた安心な自然塗料です。

無垢床の保護をしてくれるのはもちろんですが、木の持つ特性をそのまま生かしつつ経年による表情の変化をたのしんでいただくこともできます!

蜜ロウワックスの成分であるエゴマ油が木の内部に浸透して木目が深くなって経年と共に木に表情がでてくるんです。年を重ねるごとに表情をかえていく愉しみというのは、自然素材ならではですよね。

では、蜜ロウワックスの塗り方・・・の前に、蜜ロウワックスを塗って大丈夫な床かどうかを確認してください。蜜ロウワックスは化学塗装の上からは塗れません。無塗装の無垢床もしくは自然塗料(蜜ロウワックスの塗りなおし、などですね)のメンテナンスとして使います。

では、塗り方ですが。

【準備するもの】
◇蜜ロウワックス
◇雑巾
◇乾拭き用の雑巾

【密ロウワックスの塗り方】

①まずは床をきれいに掃除します
汚れやゴミが落ちてないようにきれいに掃除してくださいね!

②床の奥、端から順にワックスを塗っていきます。

この時、必要以上に塗りこまないようにするのが大事です!
少量を塗り伸ばしていきます。その後乾拭きして仕上げます。
乾拭きは、余分な蜜蝋ワックスを取り除くだけでなく、塗りムラをなくすこともできますから必ず乾拭きをしてください。


手で触ってべたつくようだと乾拭きが足りません。
手で触ってみてさらっとするまでしっかり乾拭きすることが失敗しないコツです!

蜜蝋ワックスはだいたい半年から1年毎に塗り直しをするといいですよ。

今回、当社でも愛用の蜜ロウワックスについて書きましたが、無垢材のお手入れ方法をメンテナンス担当のYさんのスタッフブログでも紹介してます。

▷「無垢の床、建具、家具 のお手入れ」
https://www.hori-aa.co.jp/post-29351/

お子さんも一緒にお手入れしていただくことで、「家を大切にする」という気持ちももっていただけると思います。

ぜひ、年内に無垢床のお手入れをご家族でしていただいて、新年を気持ちよくお迎えください。


※参考サイト:有限会社小川幸耕太郎∞百合子社

◆―――――◆―――◆◆◆―――◆―――――◆

新築、注文住宅、リフォームするなら、
耐震、省エネ、安心、健康を考え、自然素材を扱うHORI建築へ。

HORI建築は福知山市、綾部市、舞鶴市、宮津市、与謝野町、京丹後市等の京都府北部で豊かな暮らしの住まいをつくる木の家専門の工務店です。

生活スタイルに合わせた設計
自然素材に囲まれて暮らす
~生かされる家(すまい)~

株式会社HORI建築

京都府福知山市字土1117-122
フリーダイヤル : 0120-27-2075
TEL:0773-27-2075 / FAX:0773-27-2076
Mail : info@hori-aa.co.jp

◆Facebook
https://www.facebook.com/horikenchiku

◆Instagram
https://www.instagram.com/horikenchiku_official/

◆LINE公式アカウント お友だち募集中!
https://line.me/R/ti/p/%40417jjlhn

◆―――――◆―――◆◆◆―――◆―――――◆