第162回『絶対⼤事「情報共有」超効率化で、顧客満足と自幸力UP!!』

第162回未来塾の開催

絶対⼤事「情報共有」超効率化で、顧客満足と自幸力UP!!

2021年7月27日、第162回未来塾を開催しました。

新型コロナウイルス対策のため、社員はもちろん参加協力業者の皆様にもアルコール消毒、入り口での非接触体温計による検温、マスク着用、フェイスシールド着用など感染拡大防止に協力いただきながら開催いたしました。

 

今回は堀常務、福山部長より第27期の経営計画の報告をさせていただき、26期の振り返りと27期の進むべき方向性について協力業者の皆様にも共有させていただきました。27期の経営戦略として26期のIT化(量的変化)から27期はDX化(質的変化)を目指し、構築の26期→運用の27期としていきます。設計部門からは完成図書による事前発注の目標発表を行いました。

 

7月度の安全パトロールの報告、安全大会の報告と労働基準監督署の評価の発表を行った後、グループディスカッションで意見交換を行いました。

前回の未来塾で発表のあった「ANDPADCUP」が未だ参加できている方が少ない現状を鑑みて、「ANDPAD」についての活用方法や疑問点について討論しました。

使いにくい、という意見や写真や住所がすぐにわかって便利だという意見など、様々な意見がありました。

全業者の皆さんがスムーズに活用できるようサポートが必要だと感じるとともに、今後、全員が積極的に活用することで業務の効率化につなげていきたいと思います。

   

最後に堀社長より、ANDPADをはじめとしたITを取り入れる目的を理解することが大切であること、一歩一歩取り組み、うまく活用することでお客様満足度の向上、チーム力向上につながっていくとの補足説明がありました。

 

今回の未来塾で共有した内容、グループディスカッションで話し合った内容をもとに、10年ビジョンの達成とお客様が安心、安全、快適に暮らしていただける家づくりに邁進していきましょう。

今後もHORI建築、未来塾をよろしくお願いいたします。