宮津市のY様邸 新築工事 断熱検査

更新日:2021年5月10日

こんにちは。HORI建築のスタッフ吉田です。

今日は、宮津市のY様邸の断熱検査に行ってきました。

土曜日に断熱施工され、本日朝一番から検査をしました。

まずは、壁の断熱材の厚みが規定どおりに入っているか測定していきます。

測定方法は、壁に貼られている紙を切って中の断熱材を見ます。

定規をさして壁の厚みどおりに断熱材が欠損することなく入っているか測定しています。

きちんと入っているので合格です。

最後はきちんとテープを張って防いでいますのでご安心ください。

次に筋交い部分の検査です。

こちらは、断熱欠損しやすいヵ所なので断熱業者も自主検査されてます。

私は、断熱業者が検査したところ以外の筋交い部分を検査しています。

このようにきっちり入っていましたので合格です。

天井にも同じように規定の断熱材が入っているか測定しきちんと入っていました。

断熱業者が余分に置いてくれていた断熱材があったのですが、すべて天井に入れて

もこもこです!

断熱検査合格のところから大工さんが気密シートを施工していってました。

現場は順調に進んでいます!

また、楽しみにして下さい。

HORI建築ホームページ
https://www.hori-aa.co.jp/

暮らしに癒しと彩りを。お庭とグリーンの専門館「VILLAGEイロトリドリ」

https://irotoridori.space/

新築、注文住宅、リフォームするなら、耐震、省エネ、安心、健康を考え、自然素材を扱うHORI建築へ。

HORI建築は福知山市、綾部市、舞鶴市、宮津市、与謝野町、京丹後市等の京都府北部で豊かな暮らしの住まいをつくる木の家専門の工務店です。