ビブリオバトル

更新日:2021年6月8日

こんにちは。

福知山市の工務店 HORI建築のスタッフiwakiです。

みなさん、「ビブリオバトル」って知っていますか?
先日、息子の高校の図書館主催で「ビブリオバトル」が開催されたのですが、その参加者募集のチラシで、私は初めて「ビブリオバトル」という言葉を知りました。

ビブリオバトルとは、誰でも(小学生から大人まで)開催できる、本の紹介コミュニケーションゲームだそうです。

2007年、京都大学の大学院生によって考案されてから、「人を通して本を知る 本を通して人を知る」をキャッチコピーに、日本全国に広がっているそうです。


必要なものは、「オススメの本」「5分のプレゼン時間」と「2,3分の 質疑応答時間を測る」時計だけ。

ルールは次の4つ。

1 ― 発表参加者が読んで面白いと思った本を持ち寄る
2 ― 順番に一人5分間で本を紹介します
3 ― それぞれの発表の後、参加者全員で本に関するディスカッションを2~3分行います
4 ― 全員の発表終了後、「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員(一人1票)で行い、最も多くの票を集めた本がチャンプ本となります。

息子が自校のビブリオバトルに参加するというので、私も考えてみましたが、5分というのは長いようで短いですね!
草案を考えて、一度読んでみて、時間を調整したり人に伝わりやすいように改良して…
動画を撮ってみて表情や動作もチェックしたり。
プレゼン能力が鍛えられそうで、とっても良いと思いました!

息子の高校のビブリオバトルは発表参加者が、生徒が2人・先生が3人の計5人で小規模だったようですが、先生ともバトルできてタメになったと思います。

なんにせよ、オススメの本を人に紹介するというのは、本好きにはハマる楽しいイベントですね!もうすでに読んだことのある本でも、それをどんなアプローチで薦めてくるかを聞くのもすごく楽しいです。


息子がビブリオバトルに参加する際に、一緒に添付されていた「5分の使い方」がなかなか面白かったので、興味がある方は是非ご覧ください。

↓↓↓

ビブリオバトルは簡単だ!?~ 5分間の流儀 編 ~
http://www.bibliobattle.jp/how-to-spend-five-mins

YouTubeにもビブリオバトル全国大会の動画等もありましたので、見てみると楽しいですよ♪

iwaki

HORI建築ホームページ
https://www.hori-aa.co.jp/

暮らしに癒しと彩りを。お庭とグリーンの専門館「VILLAGEイロトリドリ」

https://irotoridori.space/

新築、注文住宅、リフォームするなら、耐震、省エネ、安心、健康を考え、自然素材を扱うHORI建築へ。

HORI建築は福知山市、綾部市、舞鶴市、宮津市、与謝野町、京丹後市等の京都府北部で豊かな暮らしの住まいをつくる木の家専門の工務店です。