福知山市のH様邸 新築工事 基礎の検査

更新日:2021年8月20日

こんにちわ

HORI建築のスタッフ吉田です。

今日は、福知山市のH様邸の基礎検査の様子を紹介します。

基礎コンクリートを出来る限り水平にする為に、基礎天端を45.5センチの間隔で計測している写真です。

弊社の合格基準は、±0.75mmです。

シャーペンの芯が0.5mm。想像しやすいでしょうか?

それぐらい厳しくなるべく±0にしていきます。

上の写真では、少し高かったところを削ってるところです。

この様に、高いところは削って逆に低いところは、塗っていきます。

そうしてレベルを見て合格基準になるまで繰り返していきます。

建物は、やはり基礎が大事で基礎が水平でないと、上の建物はもっと歪みが大きくなっていき

ますので妥協せずに検査をしています。

ここまで厳しく検査しているところは、あまりないようです。

なので、検査にも誇りを持っています!

26日には、いよいよ上棟です。

次の土台検査も厳しくチェックし、上棟にむけて最高の状態に

していきたいと思います。