スケッチワーク講座を受講してみました

更新日:2021年9月10日

こんにちは。福知山市の工務店 HORI建築 スタッフTANAKAです。

今日、住宅産業塾主催のオンライン講座「デザイン・スケッチワークスキルアップ講座」に参加させていただきました

本来は設計担当の方向けの講座だったようなのですが、広報を担当する中で、住宅スケッチがかけたらいいなーと思っていたので、この機会に思い切って受講させていただきました!

HORI建築からの参加は今年入社されたコーディネーターのKさんと、私と同じ広報担当のIさん。

他の企業の方も参加されていて、PC(私はiPad)の画面に他社の方と混じってIさんとKさんの顔を見るのはなんか不思議な感じでした笑

講師は藤池 峯希郎先生。

「スケッチは見てすぐに理解できて、魅せることができるもの」と先生。

確かに文章を読むよりも

絵で見た方がパッとわかります。

初回の今回は、身の回りのもののスケッチをしました。

まずは紙コップのスケッチ。

紙コップ、難しい!!

そして、先生が画面の向こうで用意されたもののスケッチ。

さらに、時間を指定したスケッチ

それから、20秒、対象物を見て、それを見ずに20秒で思い出しながらかくスケッチ。

あとは日常的に触れることが多いものを「言葉だけ」聞いて10秒とか20秒でかいていくスケッチ。

実は、私の小さな頃の夢は「絵描きさん」で思春期は漫画家になりた買ったんですが、もう、「漫画は読む方が面白い」と説得してくれた母に感謝です。感謝しかありません。

なんで私、絵が上手だって思い込んでた・・・!!

まあそして、絵が好きだった、とか言いつつかれこれ20年以上「絵」というものを書いていなかった私。

最近はもっぱらアンパンマンしか描いてません。孫のために。

先日はハローキティを描いたら、全然キティちゃんじゃない何かになりました・・・。キティちゃん、簡単そうなのにめっちゃ難しい。。。!

奥が深い・・・・キティちゃん。

話がそれましたが、講座でも先生や他の受講生の方に見せるのが恥ずかしい出来栄えでした。

そして!

「言葉だけ聞いてかく」スケッチはリンゴやみかんなどの食べ物だったんですけど、トマトが思い出せない!!!

赤くて丸い、ことしか思い出せず、これもまたトマトではない丸い何かをかいてしまいました・・・・。

さて、上の絵にトマトがあります

わかります???

もしかしたらわかるかもですが、実は「ヘタ」の部分を他の方のスケッチをみて直してます。

その前は、ヘタの部分に黒く丸描いてました・・・・・。

画面をスクショし忘れたんですが

もう一人の広報担当のIさんはさすが上手でした!

トマトも「あ、トマトだ」って一目でわかる!

Kさんも上手でした! もちろんトマトもトマトでした・・・・

スケッチの世界も奥が深いです。

いつか、さらさらっとかけるようになるといいなーと思います。

↓↓こちらは手書き風のパースですが、こんな感じでかけたら素敵です!

ちなみにこちらのお住まいは10/2-3に完成見学会を開催します!

HORI建築の設計士のFさんは設計の時にスケッチを描かれます。すごく素敵なおうちが紙の上に描かれていきます。

お客様にご提案の時には3Dの立体模型も作られるんですよ!

2Dよりもイメージがしやすいですよね。

HORI建築の展示場を兼ねた事務所にはFさんが今まで作られた立体模型のおうちがたくさん飾ってあります。

自由設計の注文住宅を手がけているだけあって、いろんな間取りのおうちがあります。

注文住宅のご相談にこられた時には、ぜひ見てみてくださいね。

TANAKA

HORI建築ホームページ
https://www.hori-aa.co.jp/

暮らしに癒しと彩りを。お庭とグリーンの専門館「VILLAGEイロトリドリ」

https://irotoridori.space/

新築、注文住宅、リフォームするなら、耐震、省エネ、安心、健康を考え、自然素材を扱うHORI建築へ。

HORI建築は福知山市、綾部市、舞鶴市、宮津市、与謝野町、京丹後市等の京都府北部で豊かな暮らしの住まいをつくる木の家専門の工務店です。