福知山の新築工事 現場の情報共有化に・・・

更新日:2022年3月3日

こんにちわ HORI建築のスタッフ 吉田です。

今日は、現場の業者さん達との報連相をどのようにしているか等紹介していきます。

HORI建築では、ANDPADという施工管理アプリを使っています。(ANDPADの紹介ではありません笑)

協力会社の方にも使っていただき、こちらで情報の共有化をしています。

(アンドパット使用例)

現場に入ったら入場報告をしてもらい 施工前後で写真を撮ってもらう 現場を出るときは退場報告!

これをするとどの業者がいつ入っていつ出たかも分かりますしどこまで出来たのかが

一目瞭然です。

そして、品質管理 検査員の私も受入れ検査やANDPADのチャット機能を使って、是正項目、写真をアップし是正指示にも役立っています。

そして対象業者が受け入れ検査や是正をしたら、写真を撮り報告といったようにまずは、写真で判断できますし何回も現場に足を運ばなくていいのがいいですね!

また、逆にお施主様から嬉しい言葉を頂けた時も協力会社の方達に報告させてもらってます!

お客様の顔や家に対する思いを知って施工するのと知らないで施工するのではやはり気持ちの部分で違ってきますので、なるべく情報共有しています。

そして、お客様との報連相にはラインワークスを使ってます。

毎週末、工事報告させていただいてますがここで、この職人達の写真がいきてきます!

現場もデジタル化が進んでいます。やはり全員が使いこなせるようには少し時間が必要ですが

私が入社した6年前とは比べられない位、現場DX化していますね。