蛙の子は蛙!?

更新日:2022年7月13日

こんにちは。
福知山市の工務店 HORI建築のスタッフ いわき です。

今回は個人的なお話です。
最近特に感じることがありまして…
タイトルにもしましたが、やっぱり子供は親に似るんだなと。
私自身が、イラスト描いたり、読書や映画を観たり、PC使ったりと、インドア全開なのですが、子どもたち(息子と娘のふたり)にもそれぞれその特色が現れてて面白いなぁ~と。

最近でいうと…
高校生の息子は、友人とオンラインでゲームした動画を時折編集してYouTubeにUPしたりしています。
その編集過程で、これまで観た映画を思い出して「ここは~風にしてみた」と見せにくるのがなかなかいいな!と思っています。
本編に入るまでの前振りを自分で考えたり、そうやって過去観た作品を思い出して取り入れたり、動画に適したBGMをチョイスする作業は、今後のタメになるんじゃないかなと思っています。

中学生の娘のほうは、イラスト…というか落書きばかり描いています。
どれだけ言っても勉強はせず落書きばかりしているので…最近は、ちゃんとペン入れして人に無料で配れるようなコピー本を〆日を決めて作りなさいと指導しています。
人に見せれる作品を作るのは、コピー本だとしてもひと苦労ではあるので、どうせ落書きするなら”完成させる”ということを学んで欲しいと思っています。
ホントは勉強して欲しいですけどね!(と…大声で言いたい(-_-;))
私も中学の時に1度同人誌なるものを作ったことがありますが、そこでの印刷会社の人とのやり取りは社会勉強にもつながる良い経験でした。

子育てするにあたり、特に絵を描きなさいとかクリエイティブなことを強要したことはないのですが、なんだかんだと2人も私の周りで似た感じのことをしているのが面白くもあり嬉しくもあります。

私からは後数年しか身近で教えることはできませんが、社会に出ていき、色々な人に出会うことで、刺激を受け、また別の方向へも変化をしていくのでしょうね。
コロナ禍をきっかけにさまざまな分野でデジタル化が一気に進み、「情報のビジュアル化」力のある人材が求められている記事もチラホラ読んだりするので、とりあえずはビジュアル思考出来できる人に成長するといいなと思っています^^