平屋

最近若者たちにも人気のある「平屋」

みなさんは「平屋」にどんなイメージをお持ちですか。
中には、小さい頃に行った田舎の祖父母のお家を思い出す方もいらっしゃるかもしれませんね。
その「平屋」が近年、子育て世代から注目を浴びているのをご存知でしょうか。

■ 人気の理由

「その1:ワンフロアの快適さ!」

長い間、賃貸マンションに住んでいたお客様からワンフロアで暮らせる便利さを伺うことがあります。2階建と違って平屋だと階段の上り下りがなかったり、掃除が楽になったりと、マンションと同じように、ワンフロアで過ごす快適さを手に入れることができます。

「その2:天井が高く設計できる!」

2階がないので、天井の高さが取りやすくなります。高低差をつけたデザイン性のある天井や屋根の勾配を活かした斜めの天井など、室内の空間を演出しやすいのも特徴です。

「その3:際立つ庭と家の関係!」

もともと日本の住宅は平屋が主流でした。その平屋で大切にされたのが庭と住宅の関係です。
その流れは今でも継承されており、床から天井までの大きな窓を設けるなど、室内と庭の緑との親和性を高めるプランが目を惹きます。

「その4:建物構造の安定性が高いこと!」

建物の高さが低くなることから、構造の安定性が高く、強風や地震などにも強いとされています。自然災害の多い日本において、構造の高い安定性は魅力の一つです。

平屋でも一部分だけ2階建てに出来るのです!

平屋でも吹き抜けで大空間が取れます!

平屋で中庭を作った施工例です。また吹き抜けもあります。

平屋の魅力とは?

平屋が今人気ある理由としては、家族の一体感を強く感じられるからだと言われています。マンションに住んだことのある家族はわかるかと思いますが、マンションはリビングに集まりやすい構造になっております。平屋もマンションに似たような構造になっております。それは階段がなくワンフロアに全てがあるので、家事動線が楽になり、リビングへの距離も近いので何かとみんなが顔を合わせやすい作りになっているからです。結果として、家族の一体感を強く感じさせると言われております。

平屋はどんな家族構成でも大丈夫?

平屋というと、2階建を1階部分に全て集約するのだから、大きな土地が必要だと思う人が多くいます。2倍の土地の広さを用意するのは無理だからと諦める人も少なくありません。しかし実際は、ワンフロアに全てを集約させるために、余計な廊下や階段などが必要なく、トイレも1カ所あれば十分など、家づくりは非常に効率よくできます。また、あまり知られてはいませんが、家の一部分だけを2階建にするということも可能なのです。それも広い意味では平屋になります。
家のサイズも家族構成によって様々で、豪邸のような100坪近くある平屋から、家族4人で35〜40坪前後の平屋、夫婦二人で30坪前後の平屋から、一人暮らしで20坪前後の平屋を作る人もいます。

  • お問い合わせ・資料請求
  • モデルハウス